アーリーマジョリティ Early Majority

アーリーマジョリティとは、イノベーター理論の5グループのうち、3番目に新商品を購入するグループを指します。

新商品やサービスを購買、購入する際に、2番目のアーリーアダプターはこれまでになかった価値や利便性を求め、重視しますが、3番目のアーリーマジョリティの場合、実用性を重視する傾向があります。

アーリーマジョリティは5つのグループの分類の中では真ん中、平均的な位置ですが、どちらかといえば比較的早い段階で新しい商品やサービスを受け入れるグループでもあります。

そして、アーリーマジョリティは市場全体の34%を占めているため、この層、グループを獲得できるかどうかで新商品や新サービスの成功がかかってくるとも考えられます。

2番目のグループ、アーリーアダプターと4番目のグループ、レイトマジョリティをつなぐ、橋渡し的な位置づけでもあることから、ブリッジピープルと呼ばれることもあります。

新商品、サービスがリリースされれば、最初に1番目のグループ、イノベーターが購入し、それを経て、2番目のグループ、アーリーアダプターが購入するに至ります。

そして、2番目のアーリーアダプターが新商品を受容した後にアーリーマジョリティ(ブリッジピープル)にまで新商品が浸透すれば、アーリーマジョリティが次のレイトマジョリティへの橋渡しにもなりますので、普及率は一気に伸びると言われています。

1番目のイノベーターとアーリーアダプターが市場全体に占める割合が16%とされているので、新商品やサービスが成功するかどうかはこの16%を突破し、アーリーマジョリティまで浸透させることができるかが境界線とされています。

まとめ

新商品や新サービスの成功のためには、イノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガード、5つのグループの意味をしっかりと理解することが重要です。

特にアーリーマジョリティは、市場全体の最も大きな割合を占めており、アーリーマジョリティに浸透できるかが新商品や新サービスの成功に非常に大きな決め手となります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ
その他

専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ

近年、専用の道具を使わずに立体映像を浮かび上がらせるデジタルサイネージが開発された。より強い印象を人々に与えられるディスプレーの活用により、店頭における販売促進効果が期待されている。今回は、最先端の3Dホログラムサイ...
インパクトあり過ぎる!屋外広告まとめ2021年
国内の広告

インパクトあり過ぎる!屋外広告まとめ2021年

目に入った瞬間にビビッとくる広告がある。 普段何気なく見ている景色に溶け込み、風景の一部となっている様で、実は見る人の心に残り続ける屋外広告。 2021年に出現し、忘れられないインパクトを与えた屋外広告をご紹介したい...
【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始
国内の広告

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。 可愛らしくも、迫力ある映像だ。現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。 落とさないで! クロス新宿ビジョン(運営:株式会社...