アーリーマジョリティ Early Majority

アーリーマジョリティとは、イノベーター理論の5グループのうち、3番目に新商品を購入するグループを指します。

新商品やサービスを購買、購入する際に、2番目のアーリーアダプターはこれまでになかった価値や利便性を求め、重視しますが、3番目のアーリーマジョリティの場合、実用性を重視する傾向があります。

アーリーマジョリティは5つのグループの分類の中では真ん中、平均的な位置ですが、どちらかといえば比較的早い段階で新しい商品やサービスを受け入れるグループでもあります。

そして、アーリーマジョリティは市場全体の34%を占めているため、この層、グループを獲得できるかどうかで新商品や新サービスの成功がかかってくるとも考えられます。

2番目のグループ、アーリーアダプターと4番目のグループ、レイトマジョリティをつなぐ、橋渡し的な位置づけでもあることから、ブリッジピープルと呼ばれることもあります。

新商品、サービスがリリースされれば、最初に1番目のグループ、イノベーターが購入し、それを経て、2番目のグループ、アーリーアダプターが購入するに至ります。

そして、2番目のアーリーアダプターが新商品を受容した後にアーリーマジョリティ(ブリッジピープル)にまで新商品が浸透すれば、アーリーマジョリティが次のレイトマジョリティへの橋渡しにもなりますので、普及率は一気に伸びると言われています。

1番目のイノベーターとアーリーアダプターが市場全体に占める割合が16%とされているので、新商品やサービスが成功するかどうかはこの16%を突破し、アーリーマジョリティまで浸透させることができるかが境界線とされています。

まとめ

新商品や新サービスの成功のためには、イノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガード、5つのグループの意味をしっかりと理解することが重要です。

特にアーリーマジョリティは、市場全体の最も大きな割合を占めており、アーリーマジョリティに浸透できるかが新商品や新サービスの成功に非常に大きな決め手となります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【2022年度版】ホテルの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年度版】ホテルの空きスペースで収益化!活用事例6選

コロナの影響もあり、ホテルなどの宿泊施設で空きスペースが目立ちつつある。 せっかく心地よく快適に滞在できるホテルという空間の空きスペースを活用し、収益化している事例も増えてきている。 ここでは、ホテルの空きスペースで...
サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例
国内の広告

サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例

サスティナブルとは、持続可能。持続可能ってどんなこと?企業は自社にできるサスティナブルを考え取り組む。 合わせて確認しておきたいSDGs(エスディージーエス)とは、Sustinable Development Goa...
「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM
その他

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM

NTTドコモが2026年3月にiモードとFOMAのサービスを終了 歴代の400台以上のガラケーが登場し、iモード全盛期のあるあるやトレンドを盛り込みながら、当時のガラケー視点でガラケーが人と人とを繋いだ思い出を振り返...