イノベーションのジレンマ イノベーションのジレンマ

正式名称:イノベーションのジレンマ

技術革新が破壊的なレベルで起こる破壊的イノベーションの前では、これまでの顧客の意見に耳を傾ける、という行為によってイノベーションに立ち後れてしまい、失敗を招いてしまうという逆説的な考え方を指します。

難しい用語ですので、成功している企業がイノベーションのジレンマに陥り、イノベーションに失敗してしまうのかについて、3つの理由を解説していきます。

イノベーションのジレンマに陥る3つの理由

理由1:破壊的イノベーションで製品の質が下がるため

1つ目の理由は、破壊的イノベーションによって製品の質が下がることです。

破壊的イノベーションで登場した製品は、従来の製品より品質が下がっている製品であることが多いです。

たとえば、デジタルカメラが登場した時が破壊的イノベーションの良い例になります。

現在では高画質が当たり前のデジタルカメラですが、当初は画質が従来の銀塩写真よりも低かったために、フィルムカメラのメーカーはデジタルカメラというイノベーションに注意を払いませんでした。

しかし、現在ではカメラの主役はデジタルカメラとなり、フィルムカメラは主役の座をデジタルカメラに明け渡すことになってしまいました。

これがデジタルカメラという破壊的イノベーションでイノベーションのジレンマが起こった例になります。

理由2:トップ企業の技術進歩のペースが市場の需要を上回ってしまうため

技術の進歩が市場の需要を大きく上回っているにもかかわらず、トップ企業はさらにイノベーションを続けてしまいます。

そのため、市場がトップ企業の新たな技術に関心を得ることがなく、たとえ技術が低くても、顧客の需要を満たす新たな技術を持つ企業に市場を奪われてしまいます。

理由3:既存の技術で成功している企業は参入を逃してしまう傾向があるため

成功している企業の顧客構造、財務構造がその企業がどのような投資をすることに魅力を感じるかに影響を与えます。

そのため、破壊的イノベーションが低価格で利益率が低い、他にも、市場規模が小さいなどの理由で既存の技術で成功している企業は魅力を感じることができず、参入を逃してしまうことがあります。

まとめ

デジタルカメラやハードディスク業界の事例から分かるように、必ずしも大きな優良企業の優れた経営者の判断が成長につながることはありませんでした。

破壊的イノベーションが起こった時、従来の「顧客本位、顧客の意見に耳を傾ける」というマーケティングが失敗してしまう、これがマーケティング用語の「イノベーションのジレンマ」の意味になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「マンホール」が街のシンボルに?!所沢市、”日本初”の広告に注目!
面白い広告

「マンホール」が街のシンボルに?!所沢市、”日本初”の広告に注目!

街に並ぶマンホールを広告にーーそんな画期的なアイデアで、全国から注目を集めるのが、所沢市だ。 地域の中小企業から、名だたる大手企業まで多彩な広告主が出稿。 とくにアニメや人気芸能人が描かれたデザインがSNS上でも大き...
先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。
国内の広告

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。

未曾有のウイルスによって私たちの生活はこの1~2年で大きく変わった。 外出もできず、広告を行うこともなんとなく躊躇われた時期もあった。 だけど、そんな時期だったからこそ前向きな、メッセージ性の強い広告がたくさん生まれ...
専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ
その他

専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ

近年、専用の道具を使わずに立体映像を浮かび上がらせるデジタルサイネージが開発された。より強い印象を人々に与えられるディスプレーの活用により、店頭における販売促進効果が期待されている。今回は、最先端の3Dホログラムサイ...