エスティーピー戦略 STP Strategy

正式名称:STP Strategy

STP戦略は企業がマーケティングを行う際に、自社が、だれに、どのような価値を提供するかを明確にすることを指します。

マーケティングはさまざまな要素が複雑に混ざり合いますが、自社と市場(マーケット)の関係を明確にするという目的でSTP戦略を使うのは有効な方法です。

STP戦略ではセグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)、これらの3つのプロセスによってマーケティングの戦略を構築していきます。

それぞれのプロセスについて詳しく解説していきます。

STP戦略のプロセス

セグメンテーション(Segmentation)

最初に、マーケティングの対象を絞り込むための準備としてSTP戦略ではセグメンテーションを行います。

市場全体を対象とするのではなく、自社の製品やサービスを購買する可能性の高い層にマーケティングをしていくことが必要になります。

セグメンテーションでは人口動態変数、地理的変数、心理的変数、行動変数、これら4つの変数を使ってセグメンテーションを行います。

これらの変数によって市場全体をグループ分けしていくことがSTP戦略におけるセグメンテーションです。

ターゲティング(Targeting)

セグメンテーションによって市場のグループ分けができたら、次にどのグループ(セグメント)をターゲットにしていくのかを決めるターゲティングを行っていきます。

自社の強みを活かせることやブルーオーシャン、いわゆる競合がいないセグメントなど、自社製品やサービスの販売に有利になるセグメントを選ぶことがターゲティングでは重要になってきます。

また、ターゲットとするセグメントが大き過ぎても小さすぎても良くないのでセグメントの規模についてもしっかりと検討していく必要があります。

これがSTP戦略におけるターゲティングです。

ポジショニング(Positioning)

最後にポジショニングを行います。

ターゲットとなる消費者から見た場合に自社はどのような優位点を持つのか、どのようなベネフィットを提供するのか、それを考えていくのがSTP戦略のポジショニングになります。

市場全体ではなく、ターゲットとなるセグメントにとって自社はどのようなポジショニングをしていくのかを考えていくのが非常に重要になります。

まとめ

STP戦略はマーケティングの基本となる戦略、フレームワークです。

マーケティングの戦略を考える際には必ずSTP戦略を押さえておく必要があるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...
「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告
国内の広告

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告

交通広告では、いかにインパクトがあり見る人の印象に残るかが重要で、その工夫の仕方も十人十色だ。 「アンメルツ」と言えば「ヨコヨコ」。CMの影響で、この2つのワードが対で脳内にインプットされている人も多いはずだ。 そん...