クリックアンドモルタル Click and Mortar

正式名称:Click and Mortar

クリック&モルタルとは、オンラインのサービスと実店舗両方でサービスを展開していくビジネスを指します。

クリック&モルタルはインターネットの利便性、そして実店舗の流通などを融合・連動させたビジネスモデルです。

「クリック」がインターネットや電子商取引を、「モルタル」が実在する店舗、実店舗を表しています。

また、インターネットと実店舗の連動を活かし、シナジー効果(相乗効果)を発揮できる企業のことをクリック&モルタル型の企業と呼ぶことがあります。

たとえば、実店舗を展開していて高い知名度やブランド力を持つ企業がインターネット上に仮想店舗を立ち上げて実店舗のブランド力を使ってビジネスを構築する場合、クリック&モルタル型のビジネスと呼ぶことができます。

逆に、インターネット専業の企業が実店舗に出店する場合にもクリック&モルタル型のビジネスモデルと呼ぶことができます。

このように、インターネットだけ、店舗だけでビジネスを展開する、どちらかに特化するのではなく、双方を組み合わせるのがクリック&モルタルという考え方・ビジネス戦略になります。

まとめ

日本でもクリック&モルタル型のビジネスモデルは拡大を続けています。

楽天などインターネットショッピングの大手でもコンビニエンスストアと提携してのコンビニ受け取りを開始しています。

これからはインターネット専業、つまり、ピュアプレーヤーの企業ではなくクリック&モルタル型のビジネスをうまく構築し、インターネット、実店舗、双方でビジネスを展開していく企業が競争優位に立っていくと考えることができます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

アシックスが仮想空間でランニングイベント VRで体験できる商品価値
国内の広告

アシックスが仮想空間でランニングイベント VRで体験できる商品価値

国内のシューズメーカーといえばアシックスだが、近年では海外のランニングシューズメーカーの勢いが強く、そのイメージは薄れつつあった。 しかし、最近のアシックスはランニング経済圏にどんどん前進しており、その勢いは市民ラン...
【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選
国内の広告

【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選

美容室の空きスペースは方法次第ではさまざまな活用方法ができる。 美容室の空きスペースを活用した事例を紹介していきたい。 シェアサロン 美容室の空きスペースや営業時間外をシェアサロンとして活用する事例もある。 自分の店...
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...