コンバージョンレート Conversion Rate

正式名称:Conversion Rate

コンバージョンレートはWebサイトにアクセスしてきたユーザーのうち、Webサイトで目標としている最終成果に至ったユーザーの割合のことを指します。

コンバージョンレート(Conversion Rate)を省略してCVRと呼ばれることもあります。

コンバージョンレート(CVR)は「転換率」という意味があるので、たとえば、これまで見込み客だったユーザーが製品やサービスの購買を行う顧客に「転換」するなど、Webサイトを訪れたユーザーがWebサイトの運営者にとって利益につながる状態に「転換」する割合を把握することによってビジネスの精度向上に役立てる目的があります。

実際にコンバージョンレート(CVR)を継続する場合には、WebサイトにアクセスしたユーザーがどのくらいWebサイトから商品を購入したのか、または、商品に関する問い合わせをしたかなど、ビジネスにおける目標達成を指す場合が多くなります。

具体的な例を出すとすれば、たとえばインターネット広告を出稿した場合に広告経由のユーザーのコンバージョンレート(CVR)がどのくらいかを常に計測・把握しておくことによって、広告料金に見合った効果が出ているのかどうかを把握することができます。

まとめ

コンバージョンレート(CVR)はインターネット広告やWebサイトの効果を計るためには非常に有効な指標となります。

自社サイトの改善を行っていくためにも、常にコンバージョンレート(CVR)を意識した施策を行っていくことが大切になっていくと考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...
リアル店舗でアプローチインストアメディア事例
国内の広告

リアル店舗でアプローチインストアメディア事例

スーパーの店内で流れているサイネージを見て、その日の夕食で何を作るかを決めてしまう時がよくある。 それだけではなく、ファミレスに入ってメニューをオーダーした後、運ばれてくるのを待っているタイミングでQRをかざしてアプ...
アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始
面白い広告

アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始

コロナ禍になり約1年半。 モノ消費に関わる価値観が変遷を遂げた年となった。 多くの人が今まで価値を感じなかったものに価値を見出し、その逆もまた然りという状況は世の中を大きく変えた。 そんな価値観の変遷の中で、日頃の生...