コンバージョンレート Conversion Rate

正式名称:Conversion Rate

コンバージョンレートはWebサイトにアクセスしてきたユーザーのうち、Webサイトで目標としている最終成果に至ったユーザーの割合のことを指します。

コンバージョンレート(Conversion Rate)を省略してCVRと呼ばれることもあります。

コンバージョンレート(CVR)は「転換率」という意味があるので、たとえば、これまで見込み客だったユーザーが製品やサービスの購買を行う顧客に「転換」するなど、Webサイトを訪れたユーザーがWebサイトの運営者にとって利益につながる状態に「転換」する割合を把握することによってビジネスの精度向上に役立てる目的があります。

実際にコンバージョンレート(CVR)を継続する場合には、WebサイトにアクセスしたユーザーがどのくらいWebサイトから商品を購入したのか、または、商品に関する問い合わせをしたかなど、ビジネスにおける目標達成を指す場合が多くなります。

具体的な例を出すとすれば、たとえばインターネット広告を出稿した場合に広告経由のユーザーのコンバージョンレート(CVR)がどのくらいかを常に計測・把握しておくことによって、広告料金に見合った効果が出ているのかどうかを把握することができます。

まとめ

コンバージョンレート(CVR)はインターネット広告やWebサイトの効果を計るためには非常に有効な指標となります。

自社サイトの改善を行っていくためにも、常にコンバージョンレート(CVR)を意識した施策を行っていくことが大切になっていくと考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...
日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始
国内の広告

日本初! 屋外広告枠をNFT化販売。LIVE BOARDが実証実験を開始

昨年、様々な場所で話題となったNFTはデジタルの世界でそのものの唯一性を担保できる技術である。その利用用途としては、デジタルコンテンツを数量限定・供給を制限して配布することが現在の主要な用途ではある。一部、リアルな世...
だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告
国内の広告

だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告

毎年癖の強い広告を展開して話題を集めているKINCHO。今年は日を追うごとにサイズが小さくなっていく新聞広告が大きな反響を呼んだ。今回はだんだん小さくなるKINCHOの新聞広告をご紹介する。 小さくなりすぎて逆にツッ...