個人情報保護法 個人情報保護法

正式名称:個人情報保護法

個人情報保護法とは、住所や氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人を特定することにつながる情報を扱う事業者に対し、個人情報の適切な保管や利用を義務づけた法律を指します。

IT技術やインターネット環境の発展により、私たちは大量の情報を容易に扱えるようになり、情報の配信や公開、拡散も簡単に扱えるようになりました。

そして、その中には、私たちの個人情報、つまり、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日など、特定個人しか知り得ない、または、個人を特定することのできる情報も含まれます。

これらの個人情報がインターネットなどにより、意図しない、想定できない情報漏洩、拡散してしまう可能性もあることから
個人情報を適切に扱い、保管する必要性が生まれました。

そこで生まれたのが個人情報保護法になります。

個人情報保護法が施行されたことによって個人や企業が第三者の個人情報を手に入れること、また、保管・管理して利用することが困難となりました。

個人情報保護法によって、個人情報取扱事業者となった場合、個人情報の収集、また、個人上の保管にあたって義務が定められています。

そして、適切に個人情報の収集や保管が行われなかった場合、個人情報保護法により罰則が定められています。

そのため、現在では、個人情報保護法を遵守し、個人情報の取得や保管・管理を行う必要があるので、個人や企業が個人情報取扱事業者となる場合には慎重に個人情報の取り扱いを行う必要があります。

まとめ

今後もIT技術の発展により情報化社会の流れは大きくなると考えられます。

そのため、消費者の個人情報への関心もさらに高くなり、個人情報保護法を遵守できているかどうかは企業への信頼性への大きな指標となっていくと考えることができます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「黒い山手線」を見たか?!Netflixがジャックした鉄道開業記念のADトレイン
国内の広告

「黒い山手線」を見たか?!Netflixがジャックした鉄道開業記念のADトレイン

多くの人の通勤網、通学網を担っている山手線。山手線は東京内の移動の核を担う守護神的な存在だ。 その山手線で黒い電車が走っていることをご存じだろうか。 鉄道開業150周年を記念する「黒い山手線」 10月14日、鉄道開業...
【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体
国内の広告

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体

学生のころ、茶髪は許されなかった。 当時は疑問には思っていなかったが、染めずとも髪が茶色い女性は「地毛証明書」を提出していた。 しかし、よくよく考えれば「地毛証明書」とは矛盾を抱えた制度である。染めた茶色はNGで、染...
応援広告が日本でも出せる?出稿可能場所や方法とは
国内の広告

応援広告が日本でも出せる?出稿可能場所や方法とは

韓国で話題になっている応援広告(センイル広告)。 応援広告は、ファン自らがお金を出して、推しのアイドルを応援する広告を出稿するもの。 誕生日やデビューを祝うものなどイベントに合わせた出稿も多く、韓国では街頭ビジョンや...