個人情報保護法 個人情報保護法

正式名称:個人情報保護法

個人情報保護法とは、住所や氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人を特定することにつながる情報を扱う事業者に対し、個人情報の適切な保管や利用を義務づけた法律を指します。

IT技術やインターネット環境の発展により、私たちは大量の情報を容易に扱えるようになり、情報の配信や公開、拡散も簡単に扱えるようになりました。

そして、その中には、私たちの個人情報、つまり、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日など、特定個人しか知り得ない、または、個人を特定することのできる情報も含まれます。

これらの個人情報がインターネットなどにより、意図しない、想定できない情報漏洩、拡散してしまう可能性もあることから
個人情報を適切に扱い、保管する必要性が生まれました。

そこで生まれたのが個人情報保護法になります。

個人情報保護法が施行されたことによって個人や企業が第三者の個人情報を手に入れること、また、保管・管理して利用することが困難となりました。

個人情報保護法によって、個人情報取扱事業者となった場合、個人情報の収集、また、個人上の保管にあたって義務が定められています。

そして、適切に個人情報の収集や保管が行われなかった場合、個人情報保護法により罰則が定められています。

そのため、現在では、個人情報保護法を遵守し、個人情報の取得や保管・管理を行う必要があるので、個人や企業が個人情報取扱事業者となる場合には慎重に個人情報の取り扱いを行う必要があります。

まとめ

今後もIT技術の発展により情報化社会の流れは大きくなると考えられます。

そのため、消費者の個人情報への関心もさらに高くなり、個人情報保護法を遵守できているかどうかは企業への信頼性への大きな指標となっていくと考えることができます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...
街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ
国内の広告

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ

軒を連ねる店舗は閉店後にはシャッターを閉めて裏の顔を見せる。 その様子はどこか無機質で寂しそうな印象を与えかねないのだが、面が広いだけあり使い方次第ではインパクトの大きな広告面として活用できるメリットもある。 そうし...
アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始
面白い広告

アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始

コロナ禍になり約1年半。 モノ消費に関わる価値観が変遷を遂げた年となった。 多くの人が今まで価値を感じなかったものに価値を見出し、その逆もまた然りという状況は世の中を大きく変えた。 そんな価値観の変遷の中で、日頃の生...