サーチエンジンオプティマイゼーション SEO

正式名称:Search Engine Optimization

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)とはGoogle(グーグル)やYahoo(ヤフー)など、検索エンジンを利用した際に表示される検索結果で自社のWebサイトが上位に表示されるようにするための工夫や施策を指します。

GoogleやYahooなど利用者数の多い大手検索エンジンで上位表示されることはビジネスでWebマーケティングを進める上でライバル・競合他社に対して非常に有利なポジションを築くことができます。

そこで、SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)を実施することにより、検索結果の上位に表示されたWebサイト、Webページはリスティング広告によって上位表示された場合よりもクリックされやすくなります。

そのため、SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)は自社のWebサイトへの流入・アクセスを増やす上で非常に重要な施策と考えられています。

SEOという言葉は「Search Engine Optimization」の3つの単語のそれぞれの頭文字を使った略語で、日本語に訳した場合は、
「検索エンジン最適化」や「サーチエンジン最適化」と呼ばれます。

他にも、検索エンジンの検索結果で上位表示されるための「対策」であることから、「SEO対策」という呼び方をする場合もあります。

どの呼び方をしたとしても、指している意味はSEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)と同じ意味になります。

まとめ

GoogleやYahooなど、検索エンジンのアルゴリズムは定期的にアップデートされ、変化します。

そのため、SEOを行う上では情報収集や定期的なアップデートなど、アルゴリズムの変化への対応が求められます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ
国内の広告

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ

軒を連ねる店舗は閉店後にはシャッターを閉めて裏の顔を見せる。 その様子はどこか無機質で寂しそうな印象を与えかねないのだが、面が広いだけあり使い方次第ではインパクトの大きな広告面として活用できるメリットもある。 そうし...
専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ
その他

専用の道具を使わずに立体映像を映し出す最先端の3Dホログラムサイネージ

近年、専用の道具を使わずに立体映像を浮かび上がらせるデジタルサイネージが開発された。より強い印象を人々に与えられるディスプレーの活用により、店頭における販売促進効果が期待されている。今回は、最先端の3Dホログラムサイ...
【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選
国内の広告

【2023年度版】美容室の「空きスペース」活用事例6選

美容室の空きスペースは方法次第ではさまざまな活用方法ができる。 美容室の空きスペースを活用した事例を紹介していきたい。 シェアサロン 美容室の空きスペースや営業時間外をシェアサロンとして活用する事例もある。 自分の店...