シーイーオー CEO

正式名称:Chief Executive Officer

CEO(最高経営責任者)とは企業の経営方針や戦略決定を行う企業における最終的な経営責任を負うことになる幹部役職の名称を指します。

CEO(最高経営責任者)と引き合いに出されるのが日本の企業における役職「社長」です。

もともとはアメリカ型企業における役職の名称だったCEOですが、最近では日本企業でもCEOを名乗る役員が多くなってきています。

そこで気になってくるのがCEOと社長の違いです。

実は、日本において「社長」も「CEO」も法律による明確な定義は存在せず、会社法で定められている役職は「代表取締役」であり、「社長」も「CEO」もそれぞれの企業において職務上使われている呼称ということになります。

ただし、代表取締役だけは会社法により定められていて商業登記された人物のみが名乗ることができる役職です。

日本では法律において社長やCEO(最高経営責任者)の明確な定義は存在しません。多くの場合は企業内で決められた役職であったり、代表取締役が好みでCEO(最高経営責任者)を名乗っている場合がほとんどです。

多くの場合は企業内で決められた役職であったり、代表取締役が好みでCEOを名乗っている場合がほとんどです。

まとめ

CEOも社長も企業のトップであり、一般的には難しく考えることなく、同じような役職であると考えて問題はないと思われます。

以上が、マーケティングの用語、CEO(最高経営責任者)の用語説明になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告
国内の広告

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告

広告に嫌悪感を感じるユーザーから、支持を得た広告がある。 まずはどんな広告がご覧いただこう。 山手線で掲載されたNetflixのオリジナルアニメ作品「リラックマとカオルさん」の広告だ。 2019年に掲載され、瞬く間に...
店舗サービスの利用者に直接アプローチ!「インストアメディア」とは?
その他

店舗サービスの利用者に直接アプローチ!「インストアメディア」とは?

店内に掲示するポスターや商品かごに取り付ける広告など、店舗内の広告を総称して「インストアメディア」と呼ぶ。近年は動画を活用したプロモーション事例も増えており、注目を集めている。 今回は、そんなインストアメディアについ...
バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは
国内の広告

バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは

田舎で生まれ育った私は、当時テレビのニュースやバラエティで紹介されるお店や限定商品はどれも異世界のモノだと思っていた。 「あ~あの施設の中はどうなってるんだろ?」「あの商品って一番近くでどこで買えるんかな」そんな風に...