重回帰分析 Multiple Regression Analysis

正式名称:Multiple Regression Analysis

重回帰分析はある成果に対して、複数の要素が絡んでいる場合にそれぞれの要素の関係や影響度を確認することができる分析の手法を指します。

そもそも回帰分析とは、結果を示す数値(目的変数)と要因になる数値(説明変数)の関係を明らかにする統計手法です。

重回帰分析は、複数の説明変数を含む回帰分析であり、結果と要因の因果関係がわかれば将来を予測できるということになります。

たとえば飲食店では、さまざまな要因が売上の結果に影響を与えます。具体的な要因は、店舗の面積やスタッフ数、メニュー内容、駅からの距離、駐車場の有無などが挙げられます。

そこで重回帰分析を活用すれば、新規店の各要因から将来の売上を予測できます。

実際のビジネスでは、売上を決める要素は1つではなく、飲食店なら立地や駅からの距離、価格帯、天気などの要素が売上に影響します。

そのため、2つ以上の要素を用いる重回帰分析のほうが、予測精度を高めるのに適切だと考えられています。

まとめ

重回帰分析では購入数や売上など、何か一つの成果に対して複数の要因が絡んでいる場合にその関係性、そして影響の度合いを測ることができる分析の手法です。

そのため、マーケティング活動における結果の要因を分析したり、また、売上の予測に利用される、マーケッターにとって非常に重要な多変量解析の手法です。

マーケティングにおける手法の一つとして、覚えておきましょう。以上が、重回帰分析の用語説明になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介
国内の広告

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味。「持続可能な」を目標に全国自治体は取り組む。 具体的な目標は17種類。日本各地の取り組みに注目してみる。17の目標をより視覚的に訴えるためのロゴを見かけることも多くなった。...
「カンヌライオンズ2021グランプリ賞のハイネケンのシャッター広告は未来の広告のあり方を変えるのか?
海外の広告

「カンヌライオンズ2021グランプリ賞のハイネケンのシャッター広告は未来の広告のあり方を変えるのか?

広告界の祭典「カンヌライオンズ2021」は1年に1度開催される授賞式で、2021年は6月21日~25日に開催された。 優れた手法や切り口を展開した広告作品に対して贈られる、「Communication」部門から、映像...
タクシーの窓に広告を配信!日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」がすごい
国内の広告

タクシーの窓に広告を配信!日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」がすごい

タクシーの窓に、広告を流すサービスをご存じだろうか。下の画像のように「車窓」に広告を配信できるのだ。 今回は2021年6月にリリースされた、日本初モビリティ車窓メディア「Canvas」をご紹介する。 窓に動画ってどう...