重回帰分析 Multiple Regression Analysis

正式名称:Multiple Regression Analysis

重回帰分析はある成果に対して、複数の要素が絡んでいる場合にそれぞれの要素の関係や影響度を確認することができる分析の手法を指します。

そもそも回帰分析とは、結果を示す数値(目的変数)と要因になる数値(説明変数)の関係を明らかにする統計手法です。

重回帰分析は、複数の説明変数を含む回帰分析であり、結果と要因の因果関係がわかれば将来を予測できるということになります。

たとえば飲食店では、さまざまな要因が売上の結果に影響を与えます。具体的な要因は、店舗の面積やスタッフ数、メニュー内容、駅からの距離、駐車場の有無などが挙げられます。

そこで重回帰分析を活用すれば、新規店の各要因から将来の売上を予測できます。

実際のビジネスでは、売上を決める要素は1つではなく、飲食店なら立地や駅からの距離、価格帯、天気などの要素が売上に影響します。

そのため、2つ以上の要素を用いる重回帰分析のほうが、予測精度を高めるのに適切だと考えられています。

まとめ

重回帰分析では購入数や売上など、何か一つの成果に対して複数の要因が絡んでいる場合にその関係性、そして影響の度合いを測ることができる分析の手法です。

そのため、マーケティング活動における結果の要因を分析したり、また、売上の予測に利用される、マーケッターにとって非常に重要な多変量解析の手法です。

マーケティングにおける手法の一つとして、覚えておきましょう。以上が、重回帰分析の用語説明になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ
国内の広告

「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ

世界的にも有名なマッチングアプリTinderは日本でも多くの若者に利用されている。 私もかつては、Tinderで出会った人と酒を飲む夜もあった。右にスワイプ左にスワイプ……。 スマホ画面上に出てくる相手を好きか嫌いか...
広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える
国内の広告

広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える

全てがブロックチェーン上で完結する、まさにDXの全盛期に突入してきている気がする。 私自身も然り、一定数デジタル弱者がいる中でもその世の中の盛り上がりはなんとなくふつふつと感じられるレベルにまで達してきている。 そん...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...