スキミングプライス Skimming Price

正式名称:Skimming Price

スキミングプライスとは、商品やサービスを市場に投入・リリースする時に価格を高く設定しておくことによって、富裕層からの市場全体への普及・浸透を図ると同時に、利益を確保する価格戦略を指すマーケティングの用語です。

スキミングプライスのスキミング(skimming)には「上澄みをすくい取ること」の意味があります。

そのため、市場の上澄みでもある富裕層、高くても買ってくれる顧客を狙った戦略をスキミングプライスというマーケティング用語で呼ぶようになりました。

スキミングプライスの狙いは、商品・サービスの投入・リリース後に短期間で粗利を獲得することで新商品やサービスの投入、リリースにかかった開発費、初期プロモーションの費用を回収していくという目的があります。

たとえ初期段階で高価格を設定した場合、それが希少性と合わさり、富裕層やマニア層など、オピニオンリーダーと呼ばれる購買層の購入につながるのでオピニオンリーダーが影響を与えるフォロワー層への市場浸透を促進する効果も期待できます。

そのため、スキミングプライスは上澄吸収価格戦略、上層吸収価格戦略、初期高価格戦略などとも呼ばれることのある価格戦略、マーケティング用語になっています。

まとめ

スキミングプライスは初期の立ち上がりで失敗するリスクがある戦略であることを考えて慎重に考えて採用を選ばなければならない戦略でもあります。

自社の状況や商品のことだけを考えるのではなく、競合や消費者、顧客の状況を総合的に判断していくことがスキミングプライスを利用した価格戦略を考える上では非常に需要になっていきます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

トイレ内だからこそ効果抜群!トイレ広告の魅力
国内の広告

トイレ内だからこそ効果抜群!トイレ広告の魅力

我々が日常の中で必ず利用する場所がある。トイレだ。 トイレでは、用を足すことが一番の目的でもあるが、トイレの中でついボーっとすることや、スマホを持ち込んで永遠に触ってしまうことがないだろうか。 トイレという空間が何と...
喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう
国内の広告

喫煙所専用広告!?「場所で狙う」広告戦略を活用しよう

広告を「出す場所」は深く考えなければならない。 たとえば、若い人向けのカフェのチラシを置くなら、パチンコ屋よりは、大学などに置かせてもらうほうが、ずっと効果が高いだろう。 こういった一工夫で、広告の効果が何倍に、ひょ...
明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...