ターゲティング Targeting

正式名称:Targeting

ターゲティングとは、マーケティングにおいてターゲットを選定する作業で、具体的に自社の事業や商品、サービスが対象、つまり、ターゲットになる標的市場を選ぶ作業を指します。

ターゲティングを行う場合には、最初にセグメンテーションという市場や消費者を分類・グループ化する作業を行います。

商品・サービスの特性(性能、使用方法、属性、価格など)、消費者の特性(ニーズ、購買態度、デモグラフィック、サイコグラフィックなど)これらを基準にしてセグメンテーションを行い、市場、消費者をグループに分けていきます。

セグメンテーションによって分けられた数あるグループの中からどのグループをターゲット(標的)としていくのかを選択するのがターゲティングです。

例えば、同じ商品、サービスを販売していくとしても、ターゲットを男性にするのか、女性にするのかでは、マーケティング戦略に差が出たり、売上にも大きな差が出ることが多くなります。

そのため、市場に投入、リリースしようとしている商品、サービスがある場合、投入、リリースしようとしている商品、サービスに向いているグループをターゲティングによって選択し、さらにそのターゲットとなるグループに合ったマーケティング戦略を考え、立案することが必要になっていきます。

商品やサービスを市場に投入、リリースしてアプローチする際にターゲティングによって具体的な顧客層を選定することによって商品やサービスのコンセプト、強み・弱み、競合との差別化などに有効なマーケティングの戦略を立てやすくなります。

まとめ

ターゲティングの作業はマーケティングにおいて最も重要なプロセスの1つです。

有効なマーケティング戦略を組み立てるために必要な作業ですので、必ずマーケティング戦略の組み立ての前に行っておく必要があります。

以上が、ターゲティングの用語説明になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始
面白い広告

アイリスオーヤマが清掃用ロボにラッピング広告サービスを開始

コロナ禍になり約1年半。 モノ消費に関わる価値観が変遷を遂げた年となった。 多くの人が今まで価値を感じなかったものに価値を見出し、その逆もまた然りという状況は世の中を大きく変えた。 そんな価値観の変遷の中で、日頃の生...
社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...
涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?
国内の広告

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?

小説やマンガ、映画などのコンテンツを見て、感動のあまり思わず泣いてしまった経験のある方は多いのではないだろうか。 目が潤んで涙が溜まると、視界がぼやけるだろう。 広告のなかには、そのような涙が溢れて視界がぼやけた様子...