チャネル Channel

正式名称:Channel

チャネルはマーケティング領域において、集客するための媒体・経路あるいは携わる業者・組織を指します。

チャネルには3つの種類が存在し、それぞれ「販売チャネル」「流通チャネル」「コミュニケーションチャネル」と呼ばれています。

代表的なチャネルの種類

販売チャネル

販売チャネルとは、顧客が実際に商品を購入する場所のことを指します。

BtoC企業にとっての販売チャネルは、ECサイトや実店舗などを指し、企業側からすると商品を売る場所を意味します。

販売チャネルの役割は、顧客との接点を作ることです。

商品を売買する場所もそうですが、調査やプロモーションなども顧客との接点になります。

調査は、市場調査をすることで消費者の好みや年齢層などを情報収集すること、プロモーションは消費者に対する販売促進活動のことを表します。

流通チャネル

流通チャネルとは、顧客に商品やサービスを届けるための配送や物流手段のことです。

どのような形で顧客に商品やサービスを届けたら良いのか、それぞれの企業に合った方法を探ることができれば、顧客の満足度は上がります。

顧客の満足度を上げるために検討する必要があるのが、この流通チャネルです。

コミュニケーションチャネル

コミュニケーションチャネルとは、企業が顧客とコミュニケーションを取るための場所のことです。

具体的には、SNSやテレビCM、スマートフォン広告など多岐にわたります。

コミュニケーションチャネルは、消費者と直接、または間接的にコミュニケーションをとることができる場所なので、消費者の声をそのままマーケティングに反映することもできます。

顧客のニーズをつかみ、自社の商品・サービスに反映させるためにはとても重要なチャネルと言えるでしょう。

まとめ

それぞれのチャネルには、異なる特性があります。違いを理解し、自社に合った方法を採用することが必要です。

企業に最適な方法を採用することができれば、自社の売り上げアップやブランド価値を高めることにつながります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観
国内の広告

バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観

メタバースが話題になっているが、仮想空間を実際の都市空間と重ね合わせたバーチャル空間も話題を集めている。 より現実に近い景色をメタバース上で再現することで、より自分ごと化し身近に物事が感じられやすく、都市全体を活用し...
「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告
国内の広告

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告

交通広告では、いかにインパクトがあり見る人の印象に残るかが重要で、その工夫の仕方も十人十色だ。 「アンメルツ」と言えば「ヨコヨコ」。CMの影響で、この2つのワードが対で脳内にインプットされている人も多いはずだ。 そん...