デマンドセンター Demand Center

正式名称:Demand Center

デマンドセンターとは、営業機会の創出であるデマンドジェネレーションを目的にした組織を指します。

デマンドセンターが行うデマンドジェネレーションでは、見込み客データの収集、教育や育成を行った上で営業部門にリストを渡すという、幅広い活動をカバーすることにします。

したがって、デマンドセンターでは長期間に渡り、大量の健全なデータを洗練された状態で保存する必要があるとされます。

しかし、その一方、日本でデマンドセンターの仕組みを採用する場合には、日本の法人データの管理は世界を見てもかなり難しいという特徴があるとされています。

ですので、社内に分散する見込み客のデータを統合管理するデマンドセンターは非常に難易度の高い、幅広いプロセスを担当することになり、日本においても、高いノウハウを持った専門性の高い組織としてのデマンドセンターは非常に重要で、高い必要性があります。

ちなみに、デマンドセンターはアメリカで生まれた組織の仕組みですが、日本でもデマンドセンターの仕組み、組織を採用して成功している企業もあります。

まとめ

どの活動が売上に貢献しているのか、逆に、どの活動が予算、費用の無駄になっているのかを把握し、適切な予算配分をするうえでデマンドセンターの設置は有効です。

今後の日本でも、法人営業、B to Bマーケティングにおいて「営業機会の創出」をする目的のデマンドセンターはさらに重要になり、必要性が高まっていくと考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略
国内の広告

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略

ファミリーマートのレジ上のスペースに徐々にデジタルサイネージが設置されつつあるのをご存じだろうか。2022年春までに3,000店舗に導入。そして3年以内に設置可能な全店舗への導入を目指しているという。今回はファミリー...
洗練された感性が創るファッション広告
その他

洗練された感性が創るファッション広告

ファッション広告はこれまで雑誌といった紙媒体が多かった。好きな芸能人が表紙を飾ったら、やっとの思いで手に入れる。実際に手にした紙面に映るのは人物だけではなく周りを飾るカラーや背景も美しい。ファッション雑誌の美しさに感...
クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...