データウェアハウス DWH

正式名称:Data Ware House

データウェアハウス(DWH)とはデータを時系列に保管し、さらにその時系列に保管したデータ同士の中に関連性などはあるのかどうかを分析するためのシステムを指します。

時系列にデータを並べただけでは分からない関連性を分析することでこれまでは見いだすことができなかった関連性、また新しい情報を見つけ出し、マーケティングやビジネス戦略の構築に役立てていくのがデータウェアハウスというシステムです。

データを保管するためのシステムにはデータベースがありますが、データウェアハウスはデータベースとは異なります。

データウェアハウスの大きな特徴として、「時系列に保管する」という特徴があります。

そのため、データウェアハウスの場合、一般的なデータベースが現在進行形で利用されるデータを格納するためのシステムであるのに対し、現在は使わない、過去の膨大なデータを時系列に保管していくのがデータウェアハウスとなります。

時系列に保管されたデータについてその関連性を分析することにより新しい情報・データを見いだしていくことができます。

まとめ

ビッグデータを扱うことがあたり前になった現在では企業における膨大な情報を蓄積し、分析することができるデータウェアハウスを設計・構築することで、過去の膨大なデータを利用できるようにすることが需要になります。

単にデータを引き出しやすい保管場所としてのデータベースの他にも、データウェアハウスが企業にとって重要なシステムとなってくるのです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題
国内の広告

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題

せっかくの広告ポスターなのに、印刷を大失敗してしまった!そんな事例をご紹介しよう。 「印刷データを間違えて送ってしまって、僕の証明写真が掲載されました」 こちらは2019年、東京メトロ早稲田駅に掲載された広告だ。 大...
広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える
国内の広告

広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える

全てがブロックチェーン上で完結する、まさにDXの全盛期に突入してきている気がする。 私自身も然り、一定数デジタル弱者がいる中でもその世の中の盛り上がりはなんとなくふつふつと感じられるレベルにまで達してきている。 そん...
サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例
国内の広告

サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例

サスティナブルとは、持続可能。持続可能ってどんなこと?企業は自社にできるサスティナブルを考え取り組む。 合わせて確認しておきたいSDGs(エスディージーエス)とは、Sustinable Development Goa...