トレーサビリティ Traceability

正式名称:Traceability

トレーサビリティは元々は工業製品や食品の分野で使われていた用語で、加工や製造、流通の過程を明確にすること、また、その仕組みのことを指します。

トレーサビリティは「Trace(追跡)」と「ability(可能)」2つの言葉を掛け合わせて作られた造語です。

そのため、トレーサビリティには「追跡可能」という意味があり、工業製品をはじめ、主に食品の分野で製品の履歴や現在の所在、つまり、生産・製造・加工・流通の過程を明確にし、さらに追跡することが可能な状態を指す概念です。

また、生産・製造・加工・流通の過程を追跡するための仕組みやシステムのことをトレーサビリティと呼び、意味することもあります。

安全性が求められる食品や衣料の分野、他にも製品の所在や追跡が求められる郵便や宅配便、家電リサイクルなどの分野でトレーサビリティの仕組みが重要視されています。

トレーサビリティは様々な業界・分野での導入が進んでいますが、特に重要視されているのが食品分野の食品トレーサビリティです。

消費者による食への安全意識が高まっていることからトレーサビリティの中でも食品トレーサビリティは特に重要視されている分野になります。

まとめ

現在ではITの発展により、ICタグを用いたより高度なトレーサビリティの管理システムの開発が期待されています。

消費者が情報を持つようになった現在では今後もトレーサビリティへの需要は高まっていくと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、トレーサビリティの意味になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「マンホール」が街のシンボルに?!所沢市、”日本初”の広告に注目!
面白い広告

「マンホール」が街のシンボルに?!所沢市、”日本初”の広告に注目!

街に並ぶマンホールを広告にーーそんな画期的なアイデアで、全国から注目を集めるのが、所沢市だ。 地域の中小企業から、名だたる大手企業まで多彩な広告主が出稿。 とくにアニメや人気芸能人が描かれたデザインがSNS上でも大き...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
どこもかしこもチェンソーマン街をジャックしたチェンソーマンの広告が話題に
国内の広告

どこもかしこもチェンソーマン街をジャックしたチェンソーマンの広告が話題に

話題のアニメはOA間近になるとさまざまな広告やメディアに露出し、世の中全体がざわめく傾向にある。 2022年10月11日に放送開始となったアニメ『チェンソーマン』は、少年ジャンプでも連載された人気アニメ。コミックス計...