ニーズ Needs

正式名称:Needs

ニーズとは、消費者の中で顕在化された必要性のことを表すマーケティングの用語を指します。

ニーズの中でも特に、顧客の持っている欲求や要求、需要のことを顧客ニーズという言葉で表します。

ニーズはマーケティングの中でも最も重要な概念の1つと言われています。

消費者・顧客が生活をしたり、仕事をする中で感じる「現状」に対する様々な不満や欠乏のことで、思い描く「理想的な状態」と比較した場合のギャップであり、消費者や顧客は現状に対して様々な「満たされない」という感情を抱いています。

そして、その満たされない感情は「理想と現実」のギャップから生じていて、そのギャップを満たしたいという欲求のことを「本質的ニーズ」と言ったりもします。

ニーズとウォンツの違い

ニーズとセットで使われる言葉にウォンツという言葉があります。

ニーズとウォンツの違いについては「目的」と「手段」の関係で考えてみると分かりやすくなります。

消費者・顧客の購買行動において、一番最初に出る言葉が「○○が欲しい」という言葉です。

例えば、「冷たいお茶が欲しい」や「ノートパソコンが欲しい」が挙げられます。

このように、「欲しい」という言葉はウォンツであり、手段のことを表しています。

すぐに意識できる手段であるウォンツを言葉にしますが、ニーズ、目的を言葉にしていないことが多いのです。

先ほどの3つの例で言うならば、「冷たいお茶が欲しい」というのは手段です。

このウォンツ、手段から導き出されるニーズ、目的は、「喉が渇いたから冷たいお茶をのんで乾きを潤したい」
などのニーズが考えることができます。

つまり、ニーズとは「目的」であり、そのニーズ(Needs)を満たすための「手段」がウォンツなのです。

まとめ

消費者・顧客が口にしたウォンツにこだわるのではなく、その先にある目的、本質的なニーズを見つけることで消費者や顧客に対してベストな選択し、ベストソリューションを提供でき、競合他社・ライバルに勝つことができるようになるのです。

そのため、消費者・顧客の本質的なニーズを探っていくことは非常に大事なマーケティングの要素になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

新宿に巨大猫「キャジラ」出現!?
国内の広告

新宿に巨大猫「キャジラ」出現!?

巨大猫の正体は… 突如、新宿駅東口に現れた歩行者を見下ろす巨大猫が世界で話題になっている。これは「クロス新宿ビジョン」という150㎡超級では国内唯一、4K相当画質の大型街頭ビジョンだ。通常放映の合間に、2021年7月...
電柱広告とは?メリットや料金を解説!
国内の広告

電柱広告とは?メリットや料金を解説!

街中を歩いている際に、電柱に巻きつけられた広告を見たことがある人は多いだろう。電柱広告は屋外広告の一種で、一般的には歩行者や車の運転手を目的地へと誘導する役割を果たす。今回は、そんな電柱広告のメリットや料金について解...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...