ニーズ Needs

正式名称:Needs

ニーズとは、消費者の中で顕在化された必要性のことを表すマーケティングの用語を指します。

ニーズの中でも特に、顧客の持っている欲求や要求、需要のことを顧客ニーズという言葉で表します。

ニーズはマーケティングの中でも最も重要な概念の1つと言われています。

消費者・顧客が生活をしたり、仕事をする中で感じる「現状」に対する様々な不満や欠乏のことで、思い描く「理想的な状態」と比較した場合のギャップであり、消費者や顧客は現状に対して様々な「満たされない」という感情を抱いています。

そして、その満たされない感情は「理想と現実」のギャップから生じていて、そのギャップを満たしたいという欲求のことを「本質的ニーズ」と言ったりもします。

ニーズとウォンツの違い

ニーズとセットで使われる言葉にウォンツという言葉があります。

ニーズとウォンツの違いについては「目的」と「手段」の関係で考えてみると分かりやすくなります。

消費者・顧客の購買行動において、一番最初に出る言葉が「○○が欲しい」という言葉です。

例えば、「冷たいお茶が欲しい」や「ノートパソコンが欲しい」が挙げられます。

このように、「欲しい」という言葉はウォンツであり、手段のことを表しています。

すぐに意識できる手段であるウォンツを言葉にしますが、ニーズ、目的を言葉にしていないことが多いのです。

先ほどの3つの例で言うならば、「冷たいお茶が欲しい」というのは手段です。

このウォンツ、手段から導き出されるニーズ、目的は、「喉が渇いたから冷たいお茶をのんで乾きを潤したい」
などのニーズが考えることができます。

つまり、ニーズとは「目的」であり、そのニーズ(Needs)を満たすための「手段」がウォンツなのです。

まとめ

消費者・顧客が口にしたウォンツにこだわるのではなく、その先にある目的、本質的なニーズを見つけることで消費者や顧客に対してベストな選択し、ベストソリューションを提供でき、競合他社・ライバルに勝つことができるようになるのです。

そのため、消費者・顧客の本質的なニーズを探っていくことは非常に大事なマーケティングの要素になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!
国内の広告

渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!

2022年末4月末より、渋谷・宮益坂下エリアで新しいデジタルサイネージ広告がはじまる。 全部で7面の超巨大広告だ。 今回は株式会社ヒットが設置した屋外広告「シンクロ7シブヤヒットビジョン」についてご紹介する。 7面が...
ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?
国内の広告

ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?

日本は海外ほどアートが身近ではなく、実際に市場規模は世界以上の3%程度にしか過ぎないといわれている。しかし近年、空き壁を利用したアート広告がにわかに脚光を浴びつつある。 はたしてビルの空き壁を利用した「アート広告」と...
ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする
その他

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする

ファッション広告で世界的に有名なブランドがメタバースを話題にしたのはつい最近でもない。難しさは仮想を受け入れる体制は整っていなかったからだろう。身近な環境のデジタル化が進み、遊び心がそれを現実化へと大きく近づけた。メ...