ニーズ Needs

正式名称:Needs

ニーズとは、消費者の中で顕在化された必要性のことを表すマーケティングの用語を指します。

ニーズの中でも特に、顧客の持っている欲求や要求、需要のことを顧客ニーズという言葉で表します。

ニーズはマーケティングの中でも最も重要な概念の1つと言われています。

消費者・顧客が生活をしたり、仕事をする中で感じる「現状」に対する様々な不満や欠乏のことで、思い描く「理想的な状態」と比較した場合のギャップであり、消費者や顧客は現状に対して様々な「満たされない」という感情を抱いています。

そして、その満たされない感情は「理想と現実」のギャップから生じていて、そのギャップを満たしたいという欲求のことを「本質的ニーズ」と言ったりもします。

ニーズとウォンツの違い

ニーズとセットで使われる言葉にウォンツという言葉があります。

ニーズとウォンツの違いについては「目的」と「手段」の関係で考えてみると分かりやすくなります。

消費者・顧客の購買行動において、一番最初に出る言葉が「○○が欲しい」という言葉です。

例えば、「冷たいお茶が欲しい」や「ノートパソコンが欲しい」が挙げられます。

このように、「欲しい」という言葉はウォンツであり、手段のことを表しています。

すぐに意識できる手段であるウォンツを言葉にしますが、ニーズ、目的を言葉にしていないことが多いのです。

先ほどの3つの例で言うならば、「冷たいお茶が欲しい」というのは手段です。

このウォンツ、手段から導き出されるニーズ、目的は、「喉が渇いたから冷たいお茶をのんで乾きを潤したい」
などのニーズが考えることができます。

つまり、ニーズとは「目的」であり、そのニーズ(Needs)を満たすための「手段」がウォンツなのです。

まとめ

消費者・顧客が口にしたウォンツにこだわるのではなく、その先にある目的、本質的なニーズを見つけることで消費者や顧客に対してベストな選択し、ベストソリューションを提供でき、競合他社・ライバルに勝つことができるようになるのです。

そのため、消費者・顧客の本質的なニーズを探っていくことは非常に大事なマーケティングの要素になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

新宿駅の東西自由通路をジャック!新宿ウォール456の料金は?
その他

新宿駅の東西自由通路をジャック!新宿ウォール456の料金は?

2020年7月19日に開通した新宿駅東西自由通路には、「新宿ウォール456」という大型デジタルサイネージが設置されている。東西自由通路を通る際に目にしたことがある方も多いだろう。今回は、さまざまな広告が出稿される新宿...
バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観
国内の広告

バーチャル空間をよりリアルに再現消費者にもたらす新たな価値観

メタバースが話題になっているが、仮想空間を実際の都市空間と重ね合わせたバーチャル空間も話題を集めている。 より現実に近い景色をメタバース上で再現することで、より自分ごと化し身近に物事が感じられやすく、都市全体を活用し...
東京の屋外広告の施工会社8選
国内の広告

東京の屋外広告の施工会社8選

東京で屋外広告の施工ができる会社をまとめました。 T-SIGN(株式会社アルセス) 年間500件以上の実績から、高い技術力、提案力、集客力のある会社です。 看板に関する簡易な相談から、製作、施工、さらには設置後のアフ...