ハブスポット HubSpot

正式名称:Hubspot

HubSpotとは、アメリカに本社を構えるHubSpot社が提供しているマーケティングプラットフォームを指します。

企業側から積極的に営業を行う「アウトバウント型」ではなく、顧客の自発的な行動を利益につなげる「インバウンド型」の手法を推奨しており、顧客との関係構築に関するさまざまな機能を搭載しています。

HubSpotの4つの基本ツール

1.Marketing Hub

Marketing Hubは、マーケティングに必要なツールやデータを1つのプラットフォームに集約。LPやフォームの作成、SEO、広告のトラッキング、ソーシャルメディア管理などのリード獲得から分析、データの統合までを行えます。

一元化によって時間を短縮でき、顧客1人ひとりへのきめ細かい対応が可能となります。自社のサービスをよりユーザーに対してアピールすることができます。

2.Sales Hub

営業チーム内の情報共有や、さまざまな業務上のプロセスに必要な機能が集約されたツールが「Sales Hub」です。コールやメールのトラッキング、セールスオートメーション、ウェブチャット、ダッシュボード機能など、セールスを促進させる機能を豊富に搭載しています。

営業チーム内の情報連携をめぐる齟齬、業務の停滞を防ぐための営業支援CRMです。

3.Service Hub

顧客データとコミュニケーションチャネルを一元的に管理するツールです。

チームでの対応管理、ヘルプデスクとチケット管理の自動化、顧客の詳細情報や履歴を自動で追跡などができます。顧客との即時、常時の対応やサポート依頼に応じるための、自動化、セルフサービス機能によってカスタマーサービスの進化をはかることができます。

4.CMS Hub

CMS(コンテンツマネジメントシステム)によって、ウェブサイトの運用や開発が効率化できます。

CMS Hubは、直感的な操作とSEO対策、CRM機能、多言語コンテンツの制作など、WEBサイトの作成や編集、集客をより効率化させます。開発者も柔軟なテーマ設計、コンテンツの構造化ができるので、運用がしやすいツールです。

これらの4つのツールは単独での使用も、複数を組み合わせて活用することも両方が可能です。

まとめ

HubSpotには機能が豊富にありますが、ツールの導入は自社の業務効率のアップが目的です。いくら優れたツールであっても、自社に合っていなければ、むしろ業務の改善どころか改悪になることもあります。メリットとデメリットを見極めることが大切です。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。
国内の広告

大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。

電車内がラグビー場になった。 2022年1月2日から1月15日まで、Osaka Metro御堂筋線の車内にラグビー場を再現した電車が現れた。 その正体はNTTドコモレッドハリケーンズ大阪。1月7日のラグビー新リーグ「...
近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...
新ドラマ「ミステリと言う勿れ」の立体広告、存在感のすごさがSNS上で話題に!
国内の広告

新ドラマ「ミステリと言う勿れ」の立体広告、存在感のすごさがSNS上で話題に!

2022年1月10日からフジテレビ系で放送されているドラマ「ミステリと言う勿れ」。放映に先立って実施されたプロモーションが大きな話題を集めたことでも記憶に新しい。 はたしてどのような施策がなされたのか。今回は、ドラマ...