ビッグデータ Big data

正式名称:Big data

ビッグデータとは、組織が非常に大きなデータセットとそれらが保存されている施設を作成、操作、および管理できるようにするすべての技術を指します。

ビッグデータの活用法

データの可視化

例えば小売店の場合、扱う商品の市場の状況、仕入れ値価格の変動、生産状態、顧客の志向などが必要なデータといえるでしょう。天候によって影響がある品物の場合には、気象データも加えられるかもしれません。 しかしそれらのデータをいきなり「生」の状態で差し出されても、小売店の経営者が的確に活用するのは困難です。

各分野の最適化への活用

ビッグデータの活用は、ある条件のなかでの「最適化」を導くことを容易にします。建築分野における工期の決定や、製造現場での計画立案、流通分野のルート作成などが代表的な活用例です。 最適化は一度で完了できるものではないため、最適化を可能とする体制やシステムを構築し、PDCAをくり返しながら常に精度を上げていくことが求められます。

予測による市場優位性の獲得

ビッグデータを活用すれば、これまで以上に先の見通しが立てやすくなります。将来が予見できれば、ライバルより優位に立てる可能性が広がります。 ただし、将来を予見するには、「なんのために何を知りたいのか」「何を知ればどのような効果が生まれるのか」を確実にしなければなりません。さらに、予測によってどのような手立てが打てるようになるのかを設計し、もっとも精度の高い予測を得られるようにデータを分析する必要があります。

まとめ

ビッグデータの導入=マーケティングの成功というわけではありません。しかし、これまでにない新たな視点を持つことで、大きな可能性が与えられます。

ビッグデータの特性である量、発生頻度、多様性によって、これまでとは違う切り口からのマーケティングも可能となります。実際、常識にとらわれない視点で成功した企業の事例も数多く見られます。

ビッグデータを導入して大きな成果を得るためには、課題への意識を先鋭化し、ビッグデータ活用の必要性を十分に検討することが重要です。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?
国内の広告

ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?

日本は海外ほどアートが身近ではなく、実際に市場規模は世界以上の3%程度にしか過ぎないといわれている。しかし近年、空き壁を利用したアート広告がにわかに脚光を浴びつつある。 はたしてビルの空き壁を利用した「アート広告」と...
撮影済みの動画内に直接広告を挿入!AIを活用した新たな広告スタイルとは?
国内の広告

撮影済みの動画内に直接広告を挿入!AIを活用した新たな広告スタイルとは?

テレビドラマや映画に実在の企業や商品などを登場させて宣伝効果を狙う「プロダクト・プレイスメント」。近年はデジタル技術の発展に伴い、新たな広告配信の形が確立されつつある。はたしてどのような進化を遂げているのか。最新の広...
広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える
国内の広告

広告枠のNFT化が広告業界の未来を変える

全てがブロックチェーン上で完結する、まさにDXの全盛期に突入してきている気がする。 私自身も然り、一定数デジタル弱者がいる中でもその世の中の盛り上がりはなんとなくふつふつと感じられるレベルにまで達してきている。 そん...