ビルドトゥオーダー BTO

正式名称:Build to Order

顧客から受注してから組み立てて完成品として出荷することを指します。

企業側がBTOを採用する最大のメリットはパソコンなどの完成品の在庫を抱える必要がないことです。

受注生産方式によってお客さんからの注文後にパソコン本体を製造するので在庫として必要になるのは部品のみになるので、
パソコン本体の在庫を大量に抱える必要がなく、不良在庫を抱えるリスクを大幅に減らすことができるメリットがあります。

また、ユーザーのニーズに沿う製品の販売ができますので、顧客満足度の向上につながりやすいというメリットもあります。

デメリットとしては、メーカー、企業は受注を受けてからの製品の生産を行うことになるのですぐに商品を顧客に納品することができません。

顧客がBTOで商品を購入するメリットは自分にとって必要な機能だけを持つ製品が手に入ることです。

BTOでは注文後に商品の製造が開始されるので、自分にとって必要な機能だけを特化した商品を注文できます。

顧客・消費者がBTOで製品を注文した場合メーカーが注文後に生産するのですぐに注文した商品を手にすることができずに、商品を手にするまでに時間がかかることが顧客・消費者がBTOを利用して商品を注文するデメリットになります。

まとめ

顧客本位、顧客第一の考えが求められるマーケティングではBTOによる製品の生産は重要であり、消費者のニーズが多様化した現代のマーケティングに対応できるのがBTOという生産方式なのです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

電車広告の種類・費用の相場とは?
国内の広告

電車広告の種類・費用の相場とは?

通勤や通学、旅行など、移動手段として欠かせない電車。 ふと目に留まる電車広告は、多くの人に認知されやすくその効果は絶大でさまざまな企業がプロモーションに活用している。 視認性も高く、自然の流れで認知させるにはおすすめ...
大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。
国内の広告

大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。

電車内がラグビー場になった。 2022年1月2日から1月15日まで、Osaka Metro御堂筋線の車内にラグビー場を再現した電車が現れた。 その正体はNTTドコモレッドハリケーンズ大阪。1月7日のラグビー新リーグ「...
日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!
面白い広告

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!

「アンビエント」には、「周囲の」「環境の」といった意味がある。その言葉通り、日常生活を営むうえで利用している道具や場所などをそのまま広告として活用したメディアを「アンビエント広告」という。 それでは、実際にはどのよう...