ビルドトゥオーダー BTO

正式名称:Build to Order

顧客から受注してから組み立てて完成品として出荷することを指します。

企業側がBTOを採用する最大のメリットはパソコンなどの完成品の在庫を抱える必要がないことです。

受注生産方式によってお客さんからの注文後にパソコン本体を製造するので在庫として必要になるのは部品のみになるので、
パソコン本体の在庫を大量に抱える必要がなく、不良在庫を抱えるリスクを大幅に減らすことができるメリットがあります。

また、ユーザーのニーズに沿う製品の販売ができますので、顧客満足度の向上につながりやすいというメリットもあります。

デメリットとしては、メーカー、企業は受注を受けてからの製品の生産を行うことになるのですぐに商品を顧客に納品することができません。

顧客がBTOで商品を購入するメリットは自分にとって必要な機能だけを持つ製品が手に入ることです。

BTOでは注文後に商品の製造が開始されるので、自分にとって必要な機能だけを特化した商品を注文できます。

顧客・消費者がBTOで製品を注文した場合メーカーが注文後に生産するのですぐに注文した商品を手にすることができずに、商品を手にするまでに時間がかかることが顧客・消費者がBTOを利用して商品を注文するデメリットになります。

まとめ

顧客本位、顧客第一の考えが求められるマーケティングではBTOによる製品の生産は重要であり、消費者のニーズが多様化した現代のマーケティングに対応できるのがBTOという生産方式なのです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

歩いて走って仮想通貨を稼ぐ STEPNが注目の理由
その他

歩いて走って仮想通貨を稼ぐ STEPNが注目の理由

ランニングやウォーキング好きのみに限らず、健康管理に気を付けたいユーザーも注目するようなブロックチェーンゲームが今年の4月末ごろから流行している。 私もランニング好きのひとりであるがゆえに、自分が走ったり歩いたりした...
電柱広告とは?メリットや料金を解説!
国内の広告

電柱広告とは?メリットや料金を解説!

街中を歩いている際に、電柱に巻きつけられた広告を見たことがある人は多いだろう。電柱広告は屋外広告の一種で、一般的には歩行者や車の運転手を目的地へと誘導する役割を果たす。今回は、そんな電柱広告のメリットや料金について解...
Netflixはコンテンツもコミュニケーションもはずさない。Netflixの広告事例
国内の広告

Netflixはコンテンツもコミュニケーションもはずさない。Netflixの広告事例

Netflixのコンテンツはいつもとても充実している。 更新されるものは全てはずさないし、ちょこちょこ値上がりしていることも気にならないほど、利用者としては満足している。 Netflixの利用者が継続して存在し続けて...