ビルドトゥオーダー BTO

正式名称:Build to Order

顧客から受注してから組み立てて完成品として出荷することを指します。

企業側がBTOを採用する最大のメリットはパソコンなどの完成品の在庫を抱える必要がないことです。

受注生産方式によってお客さんからの注文後にパソコン本体を製造するので在庫として必要になるのは部品のみになるので、
パソコン本体の在庫を大量に抱える必要がなく、不良在庫を抱えるリスクを大幅に減らすことができるメリットがあります。

また、ユーザーのニーズに沿う製品の販売ができますので、顧客満足度の向上につながりやすいというメリットもあります。

デメリットとしては、メーカー、企業は受注を受けてからの製品の生産を行うことになるのですぐに商品を顧客に納品することができません。

顧客がBTOで商品を購入するメリットは自分にとって必要な機能だけを持つ製品が手に入ることです。

BTOでは注文後に商品の製造が開始されるので、自分にとって必要な機能だけを特化した商品を注文できます。

顧客・消費者がBTOで製品を注文した場合メーカーが注文後に生産するのですぐに注文した商品を手にすることができずに、商品を手にするまでに時間がかかることが顧客・消費者がBTOを利用して商品を注文するデメリットになります。

まとめ

顧客本位、顧客第一の考えが求められるマーケティングではBTOによる製品の生産は重要であり、消費者のニーズが多様化した現代のマーケティングに対応できるのがBTOという生産方式なのです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。
国内の広告

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。

未曾有のウイルスによって私たちの生活はこの1~2年で大きく変わった。 外出もできず、広告を行うこともなんとなく躊躇われた時期もあった。 だけど、そんな時期だったからこそ前向きな、メッセージ性の強い広告がたくさん生まれ...
AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図
国内の広告

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図

「あれ?なんで私がこの商品買ってるの知ってるの?」 「どうしてダイエットしてるのバレてるんだ…!」 Web広告のターゲティングや、動画を見ている時に出るリターゲティング広告に驚いたことがある人は今や少なくないはず。 ...
国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?
国内の広告

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?

グルメ系の動画を見ると、どうしても目が留まってしまう。 それが例え広告目的の動画であったとしても、私は卑しいのでスキップができない派である。 「美味しそうだな」、という消費者心理はどうしても制御できないものがあるのか...