ブランドマーケティング Brand Marketing

正式名称:Brand Marketing

ブランドマーケティングは、ブランドと消費者の関係を確立し育てるプロセスを指します。

個々の商品やサービスを強調するのではなく、商品やサービスを支えるために用いて、ブランド全体を宣伝します。

ブランドマーケティングの目標は、ブランドの価値と、結果として企業の価値を構築することです。

ブランドマーケティング戦略に使用できるチャネルは、デジタル、ソーシャル、有料検索広告などの企業が商品マーケティング活動に使用できるのと同じチャネルです。

良い戦略として、さまざまなチャネルを一緒に使用して、幅広い視聴者に届くメディアミックスを作成することがあります。

例えば、ブランドマーケティング担当者は、電子メールとコンテンツマーケティングの取り組みによって補完されたブランド広告戦略を使用して、ブランドの認知度を高め、複数のデジタルスペースで潜在的なお客様にリーチできます。

しかし、これらのスペースで適切なオーディエンスに適切なメッセージを決定するには、まずブランド属性を考慮する必要があります。

なお、ブランディングとマーケティングは異なり。企業のブランドとは企業の個性のことであり。マーケティングとはその個性を消費者とどのように共有するかであることを区別する必要があります。

まとめ

ブランドマーケティングとは、長期的な持続力のためのブランドの強みを強調することです。

ブランドと消費者の関係を強化することに重点を置き、それが最も効果的に行われることで、マーケティング活動と併せて活用され、ブランドの促進を進めることができると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?
国内の広告

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?

小説やマンガ、映画などのコンテンツを見て、感動のあまり思わず泣いてしまった経験のある方は多いのではないだろうか。 目が潤んで涙が溜まると、視界がぼやけるだろう。 広告のなかには、そのような涙が溢れて視界がぼやけた様子...
「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告
国内の広告

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告

広告に嫌悪感を感じるユーザーから、支持を得た広告がある。 まずはどんな広告がご覧いただこう。 山手線で掲載されたNetflixのオリジナルアニメ作品「リラックマとカオルさん」の広告だ。 2019年に掲載され、瞬く間に...
街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ
国内の広告

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ

軒を連ねる店舗は閉店後にはシャッターを閉めて裏の顔を見せる。 その様子はどこか無機質で寂しそうな印象を与えかねないのだが、面が広いだけあり使い方次第ではインパクトの大きな広告面として活用できるメリットもある。 そうし...