ヘビーローテーション Heavy Rotation

正式名称:Heavy Rotation

ヘビーローテーションは広告宣伝活動やマーケティング活動におけるコミュニケーションを繰り返すことを指します。

ヘビーローテーションを行うことによって何回目のメッセージで効果がピークを迎えるか、効果に転じていくのか、それを見極めることによって、効果的なマーケティング活動が行えます。

ヘビーローテーションはもともとはラジオ放送で使われていた用語で、短期間に何度も同じ楽曲を放送することを指します。

ラジオにおいて、同じ楽曲を何度も繰り返すという意味から転じて他の業界、分野でも同じことを何度も繰り返すことをヘビーローテーションと呼ぶようになっています。

マーケティングにおいては同じ広告宣伝のメッセージを繰り返し流したり、何度もコミュニケーションを繰り返すことによって消費者・見込み客に伝えたいメッセージを擦り込んでいくことをヘビーローテーションと呼びます。

一定の期間を定め、特定のターゲット集団に対して表現の方法や媒体・チャネルを変えながら繰り返しメッセージを発信していきます。

まとめ

マーケティングにおいて重要な仕事の1つが「ポジショニング」をしてターゲットとなる消費者・見込み客の中で自社のポジションを明確に確立しておくことになります。

ヘビーローテーションを使うことによって自社の製品やサービスを短期間でターゲットの意識に刷り込めるので効率的にポジショニングを行っていくことができます。

闇雲にメッセージを繰り返すのではなく、分析も行いながら効果的なメッセージ発信を繰り返していくのがヘビーローテーションでは大切と考えられています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例
海外の広告

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例

多くの企業が「サスティナビリティ」を当たり前のように叫ぶ時代に突入している。今や、「持続的な社会とは何か?」ということが日々当たり前のように問われるようになった。 しかし、それを消費者目線で分かりやすく発信している企...
先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。
国内の広告

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。

未曾有のウイルスによって私たちの生活はこの1~2年で大きく変わった。 外出もできず、広告を行うこともなんとなく躊躇われた時期もあった。 だけど、そんな時期だったからこそ前向きな、メッセージ性の強い広告がたくさん生まれ...
“広告”が空を舞う?!ドローン×広告の最新事例
面白い広告

“広告”が空を舞う?!ドローン×広告の最新事例

2021年7月23日、東京の夜空を舞った1,218機のドローン。東京オリンピックの開会式を彩った美しい演出に、目を奪われた方も多いだろう。 いま広告媒体としても、こうしたドローンが描く “空の広告R...