ヘビーローテーション Heavy Rotation

正式名称:Heavy Rotation

ヘビーローテーションは広告宣伝活動やマーケティング活動におけるコミュニケーションを繰り返すことを指します。

ヘビーローテーションを行うことによって何回目のメッセージで効果がピークを迎えるか、効果に転じていくのか、それを見極めることによって、効果的なマーケティング活動が行えます。

ヘビーローテーションはもともとはラジオ放送で使われていた用語で、短期間に何度も同じ楽曲を放送することを指します。

ラジオにおいて、同じ楽曲を何度も繰り返すという意味から転じて他の業界、分野でも同じことを何度も繰り返すことをヘビーローテーションと呼ぶようになっています。

マーケティングにおいては同じ広告宣伝のメッセージを繰り返し流したり、何度もコミュニケーションを繰り返すことによって消費者・見込み客に伝えたいメッセージを擦り込んでいくことをヘビーローテーションと呼びます。

一定の期間を定め、特定のターゲット集団に対して表現の方法や媒体・チャネルを変えながら繰り返しメッセージを発信していきます。

まとめ

マーケティングにおいて重要な仕事の1つが「ポジショニング」をしてターゲットとなる消費者・見込み客の中で自社のポジションを明確に確立しておくことになります。

ヘビーローテーションを使うことによって自社の製品やサービスを短期間でターゲットの意識に刷り込めるので効率的にポジショニングを行っていくことができます。

闇雲にメッセージを繰り返すのではなく、分析も行いながら効果的なメッセージ発信を繰り返していくのがヘビーローテーションでは大切と考えられています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...
屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場
国内の広告

屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場

「1日何人が、うちの看板を見たのだろう」 「あの通りに看板を出すと、どれくらいの人が見るだろうか」 と、気になることはないだろうか。 屋外広告の弱点として、細かい効果計測ができないところがある。しかし、この弱点を解消...
昼と夜で場面が変化!漫画『よふかしのうた』のデート広告
国内の広告

昼と夜で場面が変化!漫画『よふかしのうた』のデート広告

2019年8月より『週刊少年サンデー』上にて連載が開始された人気漫画『よふかしのうた』。東急田園都市線渋谷駅地下2階にて掲出された「デート広告」にとある仕掛けが施されていることで話題を集めた。はたしてその仕掛けとは?...