ホリスティック・アプローチ Holistic approach

正式名称:Holistic approach

ホリスティック・アプローチはこれまでに広告の主流とされてきたテレビや街頭広告といったマスメディアだけではなく、
WebサイトやSNSなどWebメディアを組み合わせていくことで広告効果の最適化を狙っていく手法を指します。

インターネットやWebメディアの普及によって消費者が触れるメディアの数がテレビや街頭広告だけでなく、インターネットを利用した口コミサイトやSNSなど、多岐に渡るようになってきました。

そのため、これまでのようなテレビのみ、街頭広告のみといった単一のメディア・媒体からの目セージだけでは消費者の元に届きにくくなったので、購買行動への誘導が難しくなってきました。

そこで、ホリスティック・アプローチの手法を利用して、適切な予算配分をすることによって、広告の費用対効果を最大化させていくことが狙いになります。

そのため、各メディアをバラバラに使うのではなく、ホリスティック・アプローチの考え方でそれぞれの特性を活かし、組み合わせることが大切になります。

ユーザーが好きな時に好きな場所から、必要なメディアに接することができるような設計を全体的にしていく、この考え方がホリスティック・アプローチです。

例えば、マーケティングであれば、テレビ、街頭広告、検索エンジン、SNS、アフィリエイト、これらのさまざまなメディアを組み合わせることによって最大の広告効果を全体で狙っていくことになります。

まとめ

各種メディアで相乗的に購買行動に訴えかけるホリスティック・アプローチはテレビなどのマスメディアだけでなく、口コミ情報やSNSなどで評判を確認してから購買行動に移る現代の消費者に非常に大きな影響を及ぼすと考えられています。

ホリスティック・アプローチによって各メディアに合わせた広告を作成すること、また、ターゲットとなる消費者の属性、心理状態に応じて、最適な時間や頻度、情報量、方法で情報を発信するのが今後のマーケティングでは非常に重要になっていくでしょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...
街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ
国内の広告

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ

軒を連ねる店舗は閉店後にはシャッターを閉めて裏の顔を見せる。 その様子はどこか無機質で寂しそうな印象を与えかねないのだが、面が広いだけあり使い方次第ではインパクトの大きな広告面として活用できるメリットもある。 そうし...
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...