マーケットセグメンテーション Market Segmentation

正式名称:Market Segmentation

マーケティングセグメンテーション(以下、セグメンテーション)とは、顧客や市場の細分化を指します。

それぞれの属性を分析し、同じ属性を持つグループに分ける作業がセグメンテーションです。

セグメンテーションの4R

セグメンテーションを考えるうえで重要視されるのが、セグメンテーションの4Rです。

4Rとは「優先順位(Rank)」「有効規模(Realistic)」「到達可能性(Reach)」「測定可能性(Response)」の頭文字の言葉です。

Rank

Rankとは優先順位付けです。属性ごとに分類した顧客グループを、重要度に応じて順位付けします。セグメンテーションしたグループに優劣をつけられるかどうかは、効果的なターゲティングを行うために欠かせません。そのため、社内の経営戦略やマーケティング戦略などを参考にしながら、優先度の判断を行いましょう。

Realistic

Realisticとは、規模の有効性を表す指標で、その市場で十分な売上高や利益を上げられるかどうかの確認を行います。顧客の属性と自社の商品がマッチして、適切なマーケティング施策を打ったとしても、市場規模が小さいと、思ったような利益が出ません。そのため、市場規模が適当かどうかを、慎重に測る必要があります。

Reach

Reachとはターゲットとなる顧客層に対して、マーケティング施策や製品の到達が可能であるか判断する指標です。広告などのマーケティング施策を打つ際には、実際の顧客層に確実にアピールできること、商品が届けられることが重要です。到達の可能性が低い場合は、積極的にマーケティングを行っても効果が出にくいため、気を付けましょう。

Response

Responseとは、顧客からの反応の測定が可能であるかを測る指標です。購買力や特性、規模などについて測れるかを確認しましょう。セグメンテーションの効果を検証するには、顧客に与えた影響や実際の反応の測定が重要です。これらの反応を測定できると、改善点などの把握も容易になるため、PDCAサイクルを回しやすくなります。

まとめ

セグメンテーションとは、顧客や市場を特性や属性ごとに分類する手法でした。セグメンテーションにより、多様化する顧客のニーズにあわせたマーケティングを行いましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告
国内の広告

「アンメルツ」とゲームのコラボ?!意外な組み合わせが話題を呼んだ交通広告

交通広告では、いかにインパクトがあり見る人の印象に残るかが重要で、その工夫の仕方も十人十色だ。 「アンメルツ」と言えば「ヨコヨコ」。CMの影響で、この2つのワードが対で脳内にインプットされている人も多いはずだ。 そん...
空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!
国内の広告

空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!

1987年に発売されたアサヒスーパードライが36周年を迎える2022年に初めてフルリニューアル。それに伴い展開された空を飛ぶ飛行船広告が話題を集めた。今回はアサヒスーパードライの飛行船広告についてご紹介する。 空を飛...
社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...