マーケットセグメンテーション Market Segmentation

正式名称:Market Segmentation

マーケティングセグメンテーション(以下、セグメンテーション)とは、顧客や市場の細分化を指します。

それぞれの属性を分析し、同じ属性を持つグループに分ける作業がセグメンテーションです。

セグメンテーションの4R

セグメンテーションを考えるうえで重要視されるのが、セグメンテーションの4Rです。

4Rとは「優先順位(Rank)」「有効規模(Realistic)」「到達可能性(Reach)」「測定可能性(Response)」の頭文字の言葉です。

Rank

Rankとは優先順位付けです。属性ごとに分類した顧客グループを、重要度に応じて順位付けします。セグメンテーションしたグループに優劣をつけられるかどうかは、効果的なターゲティングを行うために欠かせません。そのため、社内の経営戦略やマーケティング戦略などを参考にしながら、優先度の判断を行いましょう。

Realistic

Realisticとは、規模の有効性を表す指標で、その市場で十分な売上高や利益を上げられるかどうかの確認を行います。顧客の属性と自社の商品がマッチして、適切なマーケティング施策を打ったとしても、市場規模が小さいと、思ったような利益が出ません。そのため、市場規模が適当かどうかを、慎重に測る必要があります。

Reach

Reachとはターゲットとなる顧客層に対して、マーケティング施策や製品の到達が可能であるか判断する指標です。広告などのマーケティング施策を打つ際には、実際の顧客層に確実にアピールできること、商品が届けられることが重要です。到達の可能性が低い場合は、積極的にマーケティングを行っても効果が出にくいため、気を付けましょう。

Response

Responseとは、顧客からの反応の測定が可能であるかを測る指標です。購買力や特性、規模などについて測れるかを確認しましょう。セグメンテーションの効果を検証するには、顧客に与えた影響や実際の反応の測定が重要です。これらの反応を測定できると、改善点などの把握も容易になるため、PDCAサイクルを回しやすくなります。

まとめ

セグメンテーションとは、顧客や市場を特性や属性ごとに分類する手法でした。セグメンテーションにより、多様化する顧客のニーズにあわせたマーケティングを行いましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

電車広告の種類・費用の相場とは?
国内の広告

電車広告の種類・費用の相場とは?

通勤や通学、旅行など、移動手段として欠かせない電車。 ふと目に留まる電車広告は、多くの人に認知されやすくその効果は絶大でさまざまな企業がプロモーションに活用している。 視認性も高く、自然の流れで認知させるにはおすすめ...
ユニークでレトロな銭湯の鏡広告が面白い!
国内の広告

ユニークでレトロな銭湯の鏡広告が面白い!

銭湯の洗い場にある鏡に掲示された広告を「鏡広告」という。 銭湯数の減少に伴い、鏡広告の需要も減りつつあるなか、近年、大阪の銭湯「千鳥温泉」の鏡広告がテレビやネットで取り上げられ、話題を集めている。 鏡広告とはいったい...
サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例
海外の広告

サスティナビリティを”考える”ウィンドウアートの広告事例

多くの企業が「サスティナビリティ」を当たり前のように叫ぶ時代に突入している。今や、「持続的な社会とは何か?」ということが日々当たり前のように問われるようになった。 しかし、それを消費者目線で分かりやすく発信している企...