マーケティングインテリジェンス Marketing Intelligence

正式名称:Marketing Intelligence

マーケティングインテリジェンス(Marketing Intelligence)とは、「市場戦略情報」を指し、マーケティングに関する情報や知恵を指します。

商品やサービスを販売する市場は、常に変化しており。その変化を素早く察知して分析し、自社の戦略に取り入れて行かなければ、市場で生き残ることが求められます。

そのため、市場の情報や今後の動き、自社の状況なども含めて情報を収集し、分析する必要があるのです。この情報収集や分析するプロセス全体を「マーケティングインテリジェンス」と呼びます。

近年IT技術の進歩により、マーケティングインテリジェンスがとても重要視されています。

現代はあらゆるものがデータ化されています。このデータを活用すれば、これまでに比べ効率良く、効果の高いマーケティングが可能となりますが、このデータの量はとても多く、分析や処理を行うプロセスも重要となるのです。また、コロナ禍によってさまざまなビジネスのあり方が変わりつつあります。

こうした市場の変化を正確に捉えた戦略が必要となってきており、その中でマーケティングインテリジェンス(MI)の重要性が増したと言えます。

まとめ

マーケティングインテリジェンス(MI)は、現代のマーケティングにおいて欠かすことのできないものとなりつつあります。特にコロナ禍を経験した今後は、多くの市場で新常態への転換が進み、ニューノーマル時代となります。

こうした時代を乗り切るためには、市場の変化を先読みする力が重要となってきます。マーケティングインテリジェンスツールを活用して、データに基づいた戦略を打ち立て、売上の向上を目指しましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする
その他

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする

ファッション広告で世界的に有名なブランドがメタバースを話題にしたのはつい最近でもない。難しさは仮想を受け入れる体制は整っていなかったからだろう。身近な環境のデジタル化が進み、遊び心がそれを現実化へと大きく近づけた。メ...
SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介
国内の広告

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味。「持続可能な」を目標に全国自治体は取り組む。 具体的な目標は17種類。日本各地の取り組みに注目してみる。17の目標をより視覚的に訴えるためのロゴを見かけることも多くなった。...
顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機
国内の広告

顧客の購買傾向を把握するデジタルサイネージ型IoT自動販売機

近年、自動販売機のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化が推進されている。自動販売式にIoTデバイスを取り入れるメリットとは何なのか。今回は、IoT自動販売機の実態に迫る。 IoT自動販売機とは? IoTは「In...