ワイアード WIRED

ワイアード(WIRED)は1993年にアメリカで創刊したテクノロジーに関するビジネス雑誌です。現在では、アメリカだけではなく、日本、イギリス、イタリア、ドイツの4ヶ国を加え、合計4ヶ国で発刊されているビジネス雑誌です。

WIREDとは

WIREDは、テクノロジーが介在するさまざまなカテゴリーをとりあげています。デジタルガジェットの最新情報や時事性の高い情報のみならず、ライフスタイル、ビジネス、 音楽、教育、政治、ゲーム、アート、デザイン、スポーツ、 科学、文学などなどコンテンツの多様性、切り口の独自性が特徴であり、ジャンルの豊富さから学生から決定権を持つビジネスパーソンまで幅広い読者を獲得しています。

WIREDの特徴と強み

①独自の新しい視点

単なるファクトニュースではなく、『WIRED』 でしか読めない新しい視座(インサイト インスピレーション)を提示していることです。ひとつのニュースに対して、テクノロジー、社会問題、ライフスタイル、科学的な専門領域といった複数の切り口から、重層的に記事提供をすることで、読者の高い再訪頻度と回遊率が実現されています。

②コンテンツの多様性

『WIRED』はテクノロジーやカルチャーといったテーマはもちろんのこと、科学や医療、環境問題などのイシューについても、深いインサイトとともに情報発信を行っていることです。科学や医療、環境問題などについてインターネットにおける検索結果の上位に官公庁や研究機関のページが並ぶ中、メディアのウェブサイトである『WIRED』の記事が検索結果の上位に並ぶ結果となっていることは、『WIRED』の信頼性が高い証明です。

③ソーシャルメディアパワー

『WIRED』のメディアパワーの特徴として、60万人以上のソーシャルメディアのフォロワーがいることから、サイトへの流入がオーガニック検索、ソーシャルメディア、リファラーとマルチチャネルでリーチできていることが挙げられます。このことは他のテクノロジー系メディアやニュースメディアと比較しても、大きな優位性となっています。

④メンバーシップ限定のコンテンツ

昨年『WIRED』は、社会に新しい価値を実装するためのプラットフォームとして、オンライン・メンバーシップ「WIRED SZ メンバーシップ(Speculative Zone=特区)」をスタートしています。「WIRED SZメンバーシップ」には、次の10年を見通すためのインサイト(洞察)が詰まった選りすぐりのロングリード(長編)を中心に、『WIRED』日本版の編集部が、週毎に設定されるテーマに沿ってセレクトした記事が届けられます。そのほか、記事をさらに読み解くメンバーシップ限定ニュースレターや、雑誌『WIRED』日本版のデジタル版も配信されています。

まとめ

WIREDは様々なジャンルを取り扱う信頼性の高いメディアです。ビジネスや社会の動きについて情報を収集する際に有効な情報源となるでしょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

電車広告の種類・費用の相場とは?
国内の広告

電車広告の種類・費用の相場とは?

通勤や通学、旅行など、移動手段として欠かせない電車。 ふと目に留まる電車広告は、多くの人に認知されやすくその効果は絶大でさまざまな企業がプロモーションに活用している。 視認性も高く、自然の流れで認知させるにはおすすめ...
歩いて走って仮想通貨を稼ぐ STEPNが注目の理由
その他

歩いて走って仮想通貨を稼ぐ STEPNが注目の理由

ランニングやウォーキング好きのみに限らず、健康管理に気を付けたいユーザーも注目するようなブロックチェーンゲームが今年の4月末ごろから流行している。 私もランニング好きのひとりであるがゆえに、自分が走ったり歩いたりした...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...