イベント広告 イベント広告

正式名称:イベント広告

駅イベント広告は、駅構内の特定のスペースを利用し、販売促進活動や事業の周知活動を行う駅広告商品を指します。

毎日多くの人が行きかうターミナル駅などを効果的に活用することで、直接的な訴求が行えます。

自由度のある実施が可能なため、立体的且つ多面的に駅利用者へダイレクトアプローチができ、イベントの実施内容(新製品のサンプリングや駅利用者参加型のイベント等)の広告認知・訴求到達には抜群の効果を発揮します。

また内容次第では、話題性があるためマスコミにも取り上げられる可能性があるほか、駅利用者によるSNS書き込みなどで情報が拡散し、更に訴求の波及効果が見込めます。

駅構内その他の駅広告と組み合わせる事でジャック感を演出し、広告接触率を格段に高める事ができます。

また、掲出期間は1日単位となりますので、短期集中的なタイムリーな訴求にも最適です。

自由度のある実施が可能なため、立体的かつ多面的にダイレクトアプローチでき、告知内容(新製品のサンプリングや駅利用者参加型のイベント等)の認知・訴求到達には抜群の効果を発揮します。また、周辺の交通広告と組み合せることで広告の接触数が格段に上がることが期待できます。短期集中的な告知に最適な駅広告です。

まとめ

駅広告では、新製品のサンプリングや、駅利用者による参加型の駅イベント広告を実施する事で効果抜群のダイレクトアプローチが可能です。

駅利用者へ直接的に訴える事ができる駅イベント広告では、商品やサービスの認知向上、購買意欲を高める訴求効果は駅広告の中ではトップクラスであるため、駅イベント広告の実施内容によっては、話題性を持たせたブランディング効果に期待ができる駅広告です。

さらに、駅イベント広告の内容次第では、話題性を持たせマスコミに取り上げられたり、また駅利用者によるSNS拡散などで、ブランディング効果を発揮するので、予算を考慮しつつ積極的に活用していきましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!
面白い広告

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!

「アンビエント」には、「周囲の」「環境の」といった意味がある。その言葉通り、日常生活を営むうえで利用している道具や場所などをそのまま広告として活用したメディアを「アンビエント広告」という。 それでは、実際にはどのよう...
あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告
海外の広告

あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告

最新!インドのデジタル広告市場がすごい なにやら、インドの高成長がすごいらしい。。 インドのGDP(国内総生産)は2030年日本の3倍、2050年には日本の5倍に成長し、インドの人口は日本の12倍! 世界2位の13億...
川崎競馬場の夜空を彩った日本初のドローンショー広告
その他

川崎競馬場の夜空を彩った日本初のドローンショー広告

個人の娯楽からビジネスシーンに至るまであらゆる方面で活用されている無人航空機・ドローン。近年はドローンを使って夜空を広告媒体とする試みがなされているのをご存じだろうか。 今回は川崎競馬場(神奈川県川崎市)で行われた、...