タクシー広告 タクシー広告

正式名称:タクシー広告

タクシー広告とは、タクシーの車内に広告を配置する広告のことを指します。

具体的には、助手席や運転席のヘッドレスト、後部座席やウィンドウに貼る広告のことを指していますが、最近では「タクシー内で流す動画広告」を指している場合が多いようです。

プライベートな空間を過ごす車内だからこそ、他の公共交通機関に設置する広告と比べて訴求力の高さが魅力です。

一口でタクシー広告といっても、様々な種類があります。ここでは、代表的なタクシー広告の種類とその費用相場についてご紹介します。

タクシー動画広告には、他のタクシー広告やウェブ上の一般的な動画広告とは異なる様々なメリットがあります。

1つ目は、じっくり注目して見てもらいやすい点です。

タクシーの平均乗車時間は18分と比較的長く、乗客は必ず着席しているため、広告も腰を据えてじっくり見てもらえる可能性が高くなります。

特にタクシー動画広告は、乗客の目の前に表示されるうえ、静止画やテキストのみの広告に比べて目に留まりやすく、強く印象に残るのでタクシー内での広告としてとても有効です。

さらに、タクシー広告が表示されるタブレットの画面には、ニュースなど広告以外のコンテンツも配信されることが多く、乗客の注目度が高い中で広告を表示することが可能です。

2つ目に広告に関心を持ったユーザーにアプローチしやすい点です。

流れた広告の中で気になる広告があった場合、乗客はタブレット端末で操作してさらに詳細を見ることもできます。さらに、乗車中は手がふさがっていることが少ないため、気になった広告のメモを取ったり、スマホで検索したりしてもらいやすい環境です。

広告に関心があるユーザーとさらに深くコミュニケーションをとれる点はタクシー動画広告の大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

以上のように、タクシー動画広告は、乗客に自社の商品やサービスをしっかりとアピールすることができる広告です。

しかし動画制作を自社で行うハードルは高く、無難なのは動画制作会社への依頼です。一口に制作会社といっても、さまざまな会社があり、得意な分野とそうでない分野がありますので、制作する動画の目的を明確にしたうえで、その分野の実績が豊富な制作会社に依頼するのがおすすめです。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵
国内の広告

テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵

コロナ禍になりテレワークが浸透し始め、駅構内やビルの一角などあらゆる所にテレワーク用個室ができ始めた。 今となっては大して気にならないが、出はじめた当初は「どうやって使うものなのか」とそわそわしていたことも記憶に新し...
「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...
撮影済みの動画内に直接広告を挿入!AIを活用した新たな広告スタイルとは?
国内の広告

撮影済みの動画内に直接広告を挿入!AIを活用した新たな広告スタイルとは?

テレビドラマや映画に実在の企業や商品などを登場させて宣伝効果を狙う「プロダクト・プレイスメント」。近年はデジタル技術の発展に伴い、新たな広告配信の形が確立されつつある。はたしてどのような進化を遂げているのか。最新の広...