アクセスログ Access Log

正式名称:Access Log

アクセスログとは、ある機器やソフトウェアに対する人間や外部のシステムからの操作や要求などを、一定の形式で時系列に記録したものを指します。

特に、Webサーバ(HTTPサーバ)へのクライアントからのアクセス記録のことを指すことが多いです。

いつ(日時)、どこから(接続元の機器・所在情報など)、どのような主体(利用者・システムなど)が、どのような操作を要求したのか、また、その正否や応答内容を、ストレージ上のファイルなどに時系列に順番に記録したものになります。

Webサーバが外部からの接続やデータの送受信を要求されたときに、その詳細をファイルなどの記録しますが、取得できる情報や形式はサーバの種類や設定によって異なり、一般的には、アクセス日時、アクセス元のIPアドレス、指定されたURL、使用されたクライアントの識別名、応答コード、要求の処理にかかった時間、送受信バイト数などになります。

通常はサーバのストレージ(外部記憶装置)に自動的に作成されたテキストファイルに、一回の要求につきこれらの情報を列挙した一行のデータが記録されます。

さらに、設定によってはデータベースシステムと連携し、記録することができるシステムもあります。

まとめ

アクセスログを分析することで、データの収集を行っただけで終わらずに、Webサイトを改善し、マーケティングを向上させるためにはどうしたらいいのか、それを考え、実行することまでが重要と思われます。

そのために、適切なアクセス解析ツールの利用、明確な指標を持った上でアクセス解析につなげていく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法
国内の広告

お店の空きスペースを活用して収益を上げる方法

お店としての売り上げにくわえて、少しでも収益を上げる方法はないかと頭を悩ませている方もいるのではないだろうか。そんな方におすすめしたいのが、お店の空きスペースを有効活用する方法だ。近年はお店の空きスペースを貸したい人...
SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介
国内の広告

SDGs広告に見る自治体の取り組みを紹介

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味。「持続可能な」を目標に全国自治体は取り組む。 具体的な目標は17種類。日本各地の取り組みに注目してみる。17の目標をより視覚的に訴えるためのロゴを見かけることも多くなった。...