アップセリング Up Selling

正式名称:Up Selling

アップセルとは、自社の商品を買いたいと思っている顧客、または既に自社の商品を購入している顧客に対して価格や利益率の高い商品を提案することを指します。

アップセルですでに自社の商品を購入している顧客に対して商品を提案する場合には、同じ種類の商品で「より上位のもの、ワンランク上のもの」を提案して購入を促します。

アップセルを行うことによって総売上を向上させることができます。

しかも、アップセルで売上向上を狙う場合、既に自社の商品を購入している顧客、または自社の商品を購入する意思のある顧客に対して提案を行うことになるので、新規顧客を獲得せずに売上を伸ばすことになります。

つまり、アップセルで売上を伸ばすということは「顧客単価」を伸ばす施策にもなります。

顧客単価、つまり、顧客あたりの売上単価を伸ばすことは効率的な売上を伸ばすための対策になりますので、アップセルは売上を伸ばすための施策として非常に高い効果を発揮することになります。

アップセルのメリット

顧客単価を伸ばして売上を伸ばすアップセルのメリットは売上を伸ばすためにコストがかからないことです。

1:5の法則(新規顧客の獲得には既存顧客の5倍のコストがかかる)からも分かるように、新規顧客を獲得し、そこから売上を伸ばそうとする場合には非常に大きなコストがかかります。

しかし、新規顧客の獲得が必要なく、既存顧客に対しての提案、セールスのみで売上を伸ばすことができるアップセルではコストをかける必要なく売上を伸ばすことができます。

つまり、アップセルを利用して売上向上を狙うマーケティングの施策の場合にはコストをかけずに売上を伸ばせる、つまり、利益率の向上を狙えるメリットがあると考えられます。

まとめ

アップセル、ダウンセル、クロスセル、それぞれを見込み客、顧客の状態、行動に合わせて使い分けていくことがマーケティング・セールスの成功へとつながっていきます。

今必要なのはアップセルなのか、それともダウンセルか、クロスセルか、それぞれを使い分けていきましょう。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例
その他

トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例

究極のパーソナルスペースともいえるトイレの個室に広告を展開する事例が増えつつある。いったいどのような効果が期待できるのか。今回はトイレ内に設置されている広告事例について紹介する。 ポスターやステッカーの貼付・サンプル...
レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略
国内の広告

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略

ファミリーマートのレジ上のスペースに徐々にデジタルサイネージが設置されつつあるのをご存じだろうか。2022年春までに3,000店舗に導入。そして3年以内に設置可能な全店舗への導入を目指しているという。今回はファミリー...
あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告
海外の広告

あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告

最新!インドのデジタル広告市場がすごい なにやら、インドの高成長がすごいらしい。。 インドのGDP(国内総生産)は2030年日本の3倍、2050年には日本の5倍に成長し、インドの人口は日本の12倍! 世界2位の13億...