アトリビューション分析 Attribution Modeling

正式名称:Attribution Modeling

アトリビューション分析は、どのマーケティング施策が売上またはコンバージョンに貢献したかを判断する分析を指します。

ユーザーがコンバージョンを達成するまでの過程をタッチポイントとして評価することで、その過程がユーザーにどの程度影響を与えたのか評価・判断します。

コンバージョンを達成するまでの過程分析に関しては、ブラウザのCookieが利用されており、アトリビューション分析にはいくつかのモデルがあり、自社のマーケティング施策に合ったモデルを選ぶことで、ユーザー動向を把握できます。

アトリビューション分析の種類

アトリビューション分析には「オンラインアトリビューション分析」「統合アトリビューション分析」「コンテンツアトリビューション分析」の3種類があります。

それぞれの特徴は下記の通りです。

オンラインアトリビューション分析

オンラインアトリビューション分析は、目標として定めたコンバージョンに対して、それまでユーザーが接触した広告をタッチポイントとして、貢献度を評価する分析方法です。

オンラインアトリビューション分析では、3PAS(第三者配信)を活用することで、複数広告媒体が評価できます。

統合アトリビューション分析

統合アトリビューション分析は「オフライン」「オンライン」両方のアトリビューション分析です。

例えば「テレビ」「ラジオ」などのオフライン広告の貢献度と、Web広告の貢献度の分析を両方実施することで、広告効果を最大限発揮するためのヒントを得ることができます。

コンテンツアトリビューション分析

コンテンツアトリビューション分析は「ブログ」「Webサイト」など自社が運営するコンテンツが、ユーザーのコンバージョンにどれだけ貢献したか分析する方法です。

コンテンツだけではなく、広告を含めた貢献度も同時に分析することで、企業マーケティング施策全体の最適化に繋がりやすい特徴があります。

まとめ

アトリビューション分析を行う目的は、コンバージョンを達成した広告のみではなく、コンバージョンをアシストした施策を理解するためです。

アトリビューション分析を実施しないと「ディスプレイ広告」のコンバージョンを評価することしかできないので、キャンペーンの貢献度を評価することはできません。

貢献度を分析することにより、自社にとって最適なマーケティング施策を理解できます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...
渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!
国内の広告

渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!

2022年末4月末より、渋谷・宮益坂下エリアで新しいデジタルサイネージ広告がはじまる。 全部で7面の超巨大広告だ。 今回は株式会社ヒットが設置した屋外広告「シンクロ7シブヤヒットビジョン」についてご紹介する。 7面が...
インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年上半期
国内の広告

インパクト絶大!話題となった広告まとめ2022年上半期

2022年の上半期がまもなく終了する。 今年の上半期も多くの広告が、広告という役割を果たしながら、我々を楽しませてくれた。 2022年の上半期に話題となった広告を紹介していきたい。 ちゃおちゅ~るトレイン(2022年...