アドボカシーマーケティング Advocacy Marketing

正式名称:Advocacy Marketing

アドボカシーマーケティングとは、顧客との信頼関係を築くことを目的としたマーケティングの手法で、信頼関係の構築のために顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うマーケティングを指します。

アドボカシーとは、英語の「advocacy」のことで、「用語」「支援」「代弁」という意味のある英単語です。

企業やサービスを提供する側が、顧客に対して「用語」「支援」「代弁」する立場になる「顧客中心」「顧客本位」のマーケティングであることからこの名称になりました。

顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うことによって短期的な利益、目先の利益ではなく、長期的な信頼関係を築くこと、長期的な利益を獲得することを目的としています。

そのため、顧客の意向を優先するために、自社にとって不利になる可能性もありますが、場合によっては他社製品を紹介したり、他の店で商品の購入を案内するなど、目先の利益を捨てて、徹底的に顧客を優先させたマーケティングを行います。

まとめ

アドボカシーマーケティングで最も重視されることは、企業が全ての顧客に対して、情報を包み隠さず提供し、顧客にとっての利益を第一に考えることです。

そのためには、自社を不利にしてしまうライバルや他社の商品を顧客に提供することも必要になります。

顧客の利益を第一に考える真摯な姿勢があるからこそ、「顧客からの声」を集めることができて、商品やサービスの改善という本質的な成長を続けることができるようになるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

風呂とビールは相性がいい。銭湯跡地を活用した、日本初 銭湯ブルワリー
面白い広告

風呂とビールは相性がいい。銭湯跡地を活用した、日本初 銭湯ブルワリー

大阪府大阪市東淀川区の銭湯跡地をリノベーション 2018年に廃業してしまった御幸温泉跡地にて、クラフトビール工場をやっている会社「株式会社上方ビール」元々は銭湯でビール工場を開始しようという目的ではなく、場所を探して...
【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
『炎炎ノ消防隊』|折ると「希望」が現われる新聞広告が話題に
国内の広告

『炎炎ノ消防隊』|折ると「希望」が現われる新聞広告が話題に

2015年に『週刊少年マガジン』にて連載が開始された人気漫画『炎炎ノ消防隊』が2022年5月17日発売のコミックス34巻で完結を迎えた。 その発売を記念し、講談社は同日の読売新聞朝刊に全面広告を掲載。そこに仕掛けられ...