アドボカシーマーケティング Advocacy Marketing

正式名称:Advocacy Marketing

アドボカシーマーケティングとは、顧客との信頼関係を築くことを目的としたマーケティングの手法で、信頼関係の構築のために顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うマーケティングを指します。

アドボカシーとは、英語の「advocacy」のことで、「用語」「支援」「代弁」という意味のある英単語です。

企業やサービスを提供する側が、顧客に対して「用語」「支援」「代弁」する立場になる「顧客中心」「顧客本位」のマーケティングであることからこの名称になりました。

顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うことによって短期的な利益、目先の利益ではなく、長期的な信頼関係を築くこと、長期的な利益を獲得することを目的としています。

そのため、顧客の意向を優先するために、自社にとって不利になる可能性もありますが、場合によっては他社製品を紹介したり、他の店で商品の購入を案内するなど、目先の利益を捨てて、徹底的に顧客を優先させたマーケティングを行います。

まとめ

アドボカシーマーケティングで最も重視されることは、企業が全ての顧客に対して、情報を包み隠さず提供し、顧客にとっての利益を第一に考えることです。

そのためには、自社を不利にしてしまうライバルや他社の商品を顧客に提供することも必要になります。

顧客の利益を第一に考える真摯な姿勢があるからこそ、「顧客からの声」を集めることができて、商品やサービスの改善という本質的な成長を続けることができるようになるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...
テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵
国内の広告

テレワーク用個室も広告媒体に!生活空間との接点づくりが認知の鍵

コロナ禍になりテレワークが浸透し始め、駅構内やビルの一角などあらゆる所にテレワーク用個室ができ始めた。 今となっては大して気にならないが、出はじめた当初は「どうやって使うものなのか」とそわそわしていたことも記憶に新し...
「俯瞰してわかることがある。」渋谷ジャックのOOHだからこそ伝えられるメッセージ広告
国内の広告

「俯瞰してわかることがある。」渋谷ジャックのOOHだからこそ伝えられるメッセージ広告

渋谷という街は色んな人や文化が入り混じっていて非常に面白い。 広告という媒体と、渋谷という街を掛け合わせることで、雑踏や景観の中にさまざまなメッセージを隠すことができる。 広告に感度の高い人にとっては、渋谷という街に...