アドボカシーマーケティング Advocacy Marketing

正式名称:Advocacy Marketing

アドボカシーマーケティングとは、顧客との信頼関係を築くことを目的としたマーケティングの手法で、信頼関係の構築のために顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うマーケティングを指します。

アドボカシーとは、英語の「advocacy」のことで、「用語」「支援」「代弁」という意味のある英単語です。

企業やサービスを提供する側が、顧客に対して「用語」「支援」「代弁」する立場になる「顧客中心」「顧客本位」のマーケティングであることからこの名称になりました。

顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うことによって短期的な利益、目先の利益ではなく、長期的な信頼関係を築くこと、長期的な利益を獲得することを目的としています。

そのため、顧客の意向を優先するために、自社にとって不利になる可能性もありますが、場合によっては他社製品を紹介したり、他の店で商品の購入を案内するなど、目先の利益を捨てて、徹底的に顧客を優先させたマーケティングを行います。

まとめ

アドボカシーマーケティングで最も重視されることは、企業が全ての顧客に対して、情報を包み隠さず提供し、顧客にとっての利益を第一に考えることです。

そのためには、自社を不利にしてしまうライバルや他社の商品を顧客に提供することも必要になります。

顧客の利益を第一に考える真摯な姿勢があるからこそ、「顧客からの声」を集めることができて、商品やサービスの改善という本質的な成長を続けることができるようになるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目
国内の広告

ポンタが街にやってきた!リアルタイムでコミュニケーションできる屋外広告にも注目

2021年10月21日(木)、東京都は新宿と池袋の大型ビジョンに、Pontaポイントでおなじみのポンタが登場した。 注目したいのは、ポンタが通行人とリアルタイムでコミュニケーションする「ライブ配信」であることだ。 今...
本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!
その他

本当は仲が良い?企業の掛け合い広告が話題に!

街中に掲載される企業の広告には、自社の商品やサービスを広く世に知らしめ、ユーザーの購買意欲を高める目的がある。 しかし近年、異なる企業がまるで対話を繰り広げるかのような広告を出すケースが増え、話題を集めている。 今回...
検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に
国内の広告

検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に

2022年の2月7日から、JR山手線渋谷駅に、日本テレビの広告が掲載される。 謎を解くことで、秘密の情報がわかる「謎解き広告」だ。 この謎、解けるだろうか。 田中麻理鈴って誰? こういった事務文書がでかでかと掲載され...