アドボカシーマーケティング Advocacy Marketing

正式名称:Advocacy Marketing

アドボカシーマーケティングとは、顧客との信頼関係を築くことを目的としたマーケティングの手法で、信頼関係の構築のために顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うマーケティングを指します。

アドボカシーとは、英語の「advocacy」のことで、「用語」「支援」「代弁」という意味のある英単語です。

企業やサービスを提供する側が、顧客に対して「用語」「支援」「代弁」する立場になる「顧客中心」「顧客本位」のマーケティングであることからこの名称になりました。

顧客の意向を最優先に、徹底的に顧客本位で向き合うことによって短期的な利益、目先の利益ではなく、長期的な信頼関係を築くこと、長期的な利益を獲得することを目的としています。

そのため、顧客の意向を優先するために、自社にとって不利になる可能性もありますが、場合によっては他社製品を紹介したり、他の店で商品の購入を案内するなど、目先の利益を捨てて、徹底的に顧客を優先させたマーケティングを行います。

まとめ

アドボカシーマーケティングで最も重視されることは、企業が全ての顧客に対して、情報を包み隠さず提供し、顧客にとっての利益を第一に考えることです。

そのためには、自社を不利にしてしまうライバルや他社の商品を顧客に提供することも必要になります。

顧客の利益を第一に考える真摯な姿勢があるからこそ、「顧客からの声」を集めることができて、商品やサービスの改善という本質的な成長を続けることができるようになるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

BMSGの謎解き広告が渋谷をジャック!隠された答えは?
国内の広告

BMSGの謎解き広告が渋谷をジャック!隠された答えは?

2022年6月8日~14日までの約1週間、アーティストであり音楽プロデューサーでもあるSKY-HI(日高光啓)のマネジメント&レーベルBMSGが「新章突入」とだけ書かれた屋外広告を渋谷に展開し、大きな話題を集めた。 ...
エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?
その他

エレベーター内で広告を流す?防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」とは?

近年、防犯カメラ機能付きデジタルサイネージ「LiftSPOT」を設置したエレベーター数が増加傾向にある。エレベーター内で音声付きの動画広告を配信することで、月間8,000万人以上へのアプローチが可能になるという。 今...
洗練された感性が創るファッション広告
その他

洗練された感性が創るファッション広告

ファッション広告はこれまで雑誌といった紙媒体が多かった。好きな芸能人が表紙を飾ったら、やっとの思いで手に入れる。実際に手にした紙面に映るのは人物だけではなく周りを飾るカラーや背景も美しい。ファッション雑誌の美しさに感...