イグノアレート(無視率) Ignore rate

正式名称:Ignore rate

イグノアレート(無視率)とは、企業のマーケティング部門がマーケティング活動で創出した案件のうち営業部門に受け入れられなかった案件の割合を指します。

マーケティング部門がWebサイトを使った資料請求やメルマガ登録、展示会やセミナーでの名刺交換などを通じて将来的に自社の製品やサービスを契約する可能性の高い消費者・ユーザーを見付け見込み客リストとして連絡先を収集していきます。

この活動をリードジェネレーションと呼びます。

その中から特に製品やサービスを購入する可能性の高い、有望な見込み客を選別し、営業部門に渡し、その後、営業部門はマーケティング部門から受け取った案件に対して営業活動を行い製品やサービスを成約させていくことになります。

この時に、マーケティング部門が営業部門に対して用意した案件の中でも営業部門がその後の営業活動でフォローしなかったり受け取らない案件が出てきます。

ここで登場するのが、イグノアレート(無視率)になります。

詳細には、マーケティング部門が営業部門に対して渡した案件のうち営業部門がフォローしなかった、または受け取らなかった案件の割合となります。

営業部門にフォローされなかった、受け取られなかった案件、つまり、営業部門に無視された、営業部門が無視した割合であるためイグノアレートという言葉が使われるようになりました。

まとめ

私たち日本人にとってはイグノアレートという指標はあまり馴染みがないものです。

しかし、アメリカではイグノアレートを重視することによって重要な戦略を取り入れ、企業全体の業績を改善していこうと考えており、私たちにとってもイグノアレートは重要な指標の1つと考えることができるといえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体
国内の広告

【クイズ】これ何の広告?学生の「地毛証明書」にフォーカスした広告の正体

学生のころ、茶髪は許されなかった。 当時は疑問には思っていなかったが、染めずとも髪が茶色い女性は「地毛証明書」を提出していた。 しかし、よくよく考えれば「地毛証明書」とは矛盾を抱えた制度である。染めた茶色はNGで、染...
クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...
ユニークでレトロな銭湯の鏡広告が面白い!
国内の広告

ユニークでレトロな銭湯の鏡広告が面白い!

銭湯の洗い場にある鏡に掲示された広告を「鏡広告」という。 銭湯数の減少に伴い、鏡広告の需要も減りつつあるなか、近年、大阪の銭湯「千鳥温泉」の鏡広告がテレビやネットで取り上げられ、話題を集めている。 鏡広告とはいったい...