イノベーションのベルカーブ イノベーションのベルカーブ

正式名称:イノベーションのベルカーブ

「イノベータ理論」の分布が釣鐘(ベル)型になっていることを指します。

イノベーター理論というマーケティングの理論があり、このイノベーター理論では消費者は以下の5種類のグループに分けられます。

イノベーター理論の5分類

1:イノベーター

新商品を最も早く購入する消費者グループです。

新しい技術や新しい商品、サービスでも積極的に取り入れていく傾向のあるグループで、リスクを恐れず新しい商品やサービスを取り入れることから「リスクテイカー」と呼ばれることもあります。

市場全体の約2.5%の顧客ボリュームがあると言われています。

2:アーリーアダプター

1のイノベーターが評価した商品やサービスを積極的に取り入れる、採用する消費者のグループです。

これまでの商品やサービスになかった新しいベネフィットに注目する特徴があるグループです。

他の消費者の層、グループへの影響が大きいことから「オピニオンリーダー」と呼ばれることもあります。

このアーリーアダプター、オピニオンリーダーを中心に商品の口コミに関するネットワークが形成されるため、アーリーアダプター、オピニオンリーダーが商品の普及のカギと言われています。

顧客ボリュームは市場全体の約13.5%です。

3:アーリーマジョリティー

大多数のグループですが、
どちらかと言えば早めに新商品や新サービスも採用する消費者グループです。

価格が少し落ち着いてきた時期に、
アーリーアダプターやセールスマンからの影響を受けて商品やサービスを購入します。

顧客ボリュームは市場全体の34%にのぼります。

4:レイトマジョリティー

3のアーリーマジョリティーと同様に、市場全体の大多数を占めるグループですが、こちらは平均よりも遅めに新商品やサービスを採用するグループです。

アーリーマジョリティーよりも猜疑心(さいぎしん)が強いので、広告やセールスにも影響されづらい消費者のグループになります。

雑誌の記事やテレビ番組での紹介、口コミがレイトマジョリティーへの普及には欠かすことができません。

顧客ボリュームは3のアーリーマジョリティーと同じく、市場全体の34%と言われています。

5:ラガード

保守的な思考が強く、伝統的や定番という昔ながらの商品やサービスを採用する消費者のグループです。

そのため、新商品や新サービスについては、市場に定着して、定番化するまで採用することはありません。

伝統に縛られて、新しい技術を否定するともいわれている消費者グループです。

顧客ボリュームは市場全体の約16%と言われています。

ベルカーブはどこで発生するのか

イノベーターとアーリー・アダプターで構成される初期市場と、アーリー・マジョリティやレイト・マジョリティによって構成されるメインストリーム市場のあいだに、「キャズム」が発生し、この形がベルカーブといわれています。

まとめ

イノベーションのベルカーブにある深い溝、キャズム、この溝を超えられるかがどうかが新商品、新サービスの普及のカギとなるとされます。

新商品や新サービスを市場に普及させたい場合には、どうやってキャズムを乗り越えるマーケティングを組み立てるか。

つまり、市場の大多数を占めるアーリーマジョリティーに新商品、新サービスを普及させるが重要になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...
バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは
国内の広告

バーチャル広告で私たちの「明日なに買おう?」が左右される世界とは

田舎で生まれ育った私は、当時テレビのニュースやバラエティで紹介されるお店や限定商品はどれも異世界のモノだと思っていた。 「あ~あの施設の中はどうなってるんだろ?」「あの商品って一番近くでどこで買えるんかな」そんな風に...
OOHの広告効果が可視化できる時代、突入
その他

OOHの広告効果が可視化できる時代、突入

OOHは広告媒体としても目立ち、多くの人から認知を得るにはとても良い媒体のひとつ。 一方で、「どれくらいの人が見ているのか」「どれくらいの広告効果があるのか」と問われると答えづらい部分があることが欠点でもある。 しか...