イーコマース(電子商取引) Electric Commerce

正式名称:Electric Commerce

ECとはインターネットなどのネットワーク上での商取引を行うことを指します。

ECというと難しい用語をイメージしてしまいますが、簡単に言えば私たちが普段から利用している「インターネットショッピング」や「ネット通販」になります。

Amazonや楽天などのショッピングサイト、他にもYahoo!オークションなどのネットオークション、これらを使って買い物をしたり、商品を売ることがECになります。

ECやネットショッピング、ネット通販など、様々な表現が存在しますが、日本語としての正式な言葉としては「電子商取引」が適切になります。

BtoBのECでは、一般消費者ではなく、企業向けに開発した製品やサービスをインターネットを使って取引を行います。

日本でもオフィス用品などを扱っている法人専用のネットショッピング、アスクルがあります。

BtoCのECでは、企業から個人の消費者に向けて製品やサービスを販売します。

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング、他にもオムニセブンなど、様々な通販サイトがここに該当します。

まとめ

インターネットやWebメディアの発展に合わせてECも普及していき、楽天で言うなら課員数が1億人を突破して日本人の大多数が利用していることになります。

他にも、ECが普及した理由として、実店舗を構える必要がなく、コストが少なくて済むというメリットもあります。

製品開発のための店舗だけを持ち、販売は全て楽天をはじめとしたECで行うケースもあります。

スマートフォンなどでインターネットが身近になったことから今後もECの利用は拡大していくと考えることができます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に
国内の広告

検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に

2022年の2月7日から、JR山手線渋谷駅に、日本テレビの広告が掲載される。 謎を解くことで、秘密の情報がわかる「謎解き広告」だ。 この謎、解けるだろうか。 田中麻理鈴って誰? こういった事務文書がでかでかと掲載され...
【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ
国内の広告

「一瞬で青春。」マッチングアプリTinderが展開する「SwipeMart」が激アツ

世界的にも有名なマッチングアプリTinderは日本でも多くの若者に利用されている。 私もかつては、Tinderで出会った人と酒を飲む夜もあった。右にスワイプ左にスワイプ……。 スマホ画面上に出てくる相手を好きか嫌いか...