エコシステム Ecosystem

正式名称:Ecosystem

エコシステムは、マーケティングの用語として使う場合には、経営上のアライアンスや協調関係を指します。

つまり、複数の企業やサービスが繋がり、共存していくための仕組みを表すマーケティング用語になります。

特に、アドテク(アドテクノロジー)という広告の分野では、広告主からパブリッシャーという広告を配信するまでの一連の流れの中で、数多く企業が多種多様なサービスを提供しています。

さらに、エコシステムの事例として、iPhoneやiPad、Macで有名なAppleを紹介していきます。

Appleでは、端末やアプリなど、製品やサービスの開発・販売にエコシステムの存在があります。

例えば、人気商品のiPhoneでは、チップセット(シリコン)、内臓カメラ、スクリーン、組み立て、販売まで数多くの企業が繋がり、協調関係を持っています。

つまり、AppleのiPhoneもエコシステムによって製造、販売され、私たちの元に届けられています。

また、音楽配信、管理を行うサービス、iTunesでは、Apple以外の企業が提供するアプリケーションや音楽、映画など、それらの組み合わせによってエコシステムが形成されています。

iPhone、iTunes、どちらの例にしても、Appleが商品の開発、製造、販売の中心になりながらも、数多くの企業と協業、分業することによって多くの消費者の心を掴むエコシステムを形成できています。

まとめ

規模の大きな市場では、競争での優位性を求めて、分業や協業が広がり、その結果、エコシステムが形成されやすいです。

ビジネスでのエコシステムは協業や分業、イノベーションというキーワードがポイントになります。

生態系、つまり、市場の変化を読み取り、その変化にいかに追従していくことができるのか、まさにビジネスにおける生態系そのものを表した用語ということができます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?
国内の広告

国産米の消費に拍車をかけたい動画広告MajiでKome食う3秒前!?

グルメ系の動画を見ると、どうしても目が留まってしまう。 それが例え広告目的の動画であったとしても、私は卑しいのでスキップができない派である。 「美味しそうだな」、という消費者心理はどうしても制御できないものがあるのか...
「疲れ」が見える広告?疲労回復の重炭酸入浴プロモーション
国内の広告

「疲れ」が見える広告?疲労回復の重炭酸入浴プロモーション

「●●な症状があったら、すぐに病院へ」と言われると、人間、行動してしまうものである。 「まだ大丈夫だろう」と高をくくっていた人も、あっという間に自分事にしてしまう魔法の言葉だ。 今回は、そんな魔法の言葉を活用した広告...
【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始
国内の広告

【困ります猫様!!】新宿東口「3D巨大ネコ広告」新作配信開始

2月22日「猫の日」を記念して、新宿駅 東口前の「3D猫広告」に新作が登場した。 可愛らしくも、迫力ある映像だ。現地までいけない人のために、当記事でもご紹介しよう。 落とさないで! クロス新宿ビジョン(運営:株式会社...