エスオーエー SOA

正式名称:Service Oriented Architecture

SOAは、コンピュータのソフトウェア機能を、独立した「サービス」という単位で扱うことにより、複数のサービスを組み合わせてシステムを作っていくことを指します。

SAOの特徴は主に3つあります。1つ目に、アプリケーションが業務処理などの単位でサービス化されていること。2つ目に、オープンで標準的なインターフェースでサービスが定義され、呼び出すことが可能であること。3つ目に、サービスを組み合わせてアプリケーションを構築することです。

この特徴の説明だけでは抽象的ですので、「在庫管理」「在庫照会」という具体的なサービスを例にしてさらに詳しく説明していきます。

物販に関するビジネス、業務を行っている場合、商品発注プロセス、オーダー受注プロセス、倉庫管理プロセスという3つの業務プロセスが必要になります。

しかし、この3つがそれぞれ別のサービスを利用して行われる場合、サービスの数が増えて複雑になってしまいますので、「在庫管理サービス」「在庫照会サービス」という2つのサービスでシステムを構築します。

「在庫管理サービス」「在庫照会サービス」2つのサービスをつなぎ合わせ、在庫照会サービスを呼び出して利用した後に在庫管理サービスを呼び出すなど、1つの業務プロセスを行っていくこともできます。

その結果、複数の業務プロセスで同じサービスを利用できるので、ITリソースを効率化していくことが可能になります。

まとめ

SOAを導入することで、システムを市場の変化に合わせて迅速に対応させることができますし、特定のインフラに依存しないサービスを利用することによってベンダー、プラットフォームの選択肢が大きく広がります。

さらに、開発者側からしても、システム開発が容易になることや、サービスが再利用しやすいというメリットがあるために、
開発生産性の向上が図れるという大きな利点があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!
国内の広告

空を飛ぶ飛行船広告――アサヒスーパードライの広告が話題に!

1987年に発売されたアサヒスーパードライが36周年を迎える2022年に初めてフルリニューアル。それに伴い展開された空を飛ぶ飛行船広告が話題を集めた。今回はアサヒスーパードライの飛行船広告についてご紹介する。 空を飛...
明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...