S字カーブモデル S-Curve Model

正式名称:S-Curve Model

S字カーブモデルは企業が新しい技術やテクノロジーを開発・導入した場合にその費用や労力と収益、成果との関係性を表している曲線を指します。

新しい技術やテクノロジーの開発・導入にかかる費用や労力、そして開発・導入したことによる収益・成果の関係をグラフにした場合にS字型の曲線になることからS字カーブモデル、フォスターのS字曲線などと呼ばれています。

企業が新しい技術やテクノロジーを導入・開発した場合、最初はかけた費用や労力に対して思うように収益や成果が上がりませんが、費用や労力を費やし続ければ次第に、急激に変化が起き、一気に収益、成果が上がっていきます。

しかし、新しい技術も最終的には成長のペースが落ちていき、収益や成果の上昇もゆるやかになっていきますが、これがS字カーブモデルの特徴です。

S字カーブモデルにおいて最も大切なことは、どんなに革新的な技術・テクノロジーによるイノベーションでも、最終的には停滞を免れることができないということです。

S字カーブモデルにおけるこの概念が新しい技術・テクノロジーの開発において重要になると考えられます。

まとめ

S字カーブモデルにおける成長が緩やかになる、止まりそうになるタイミングでは、すでに新しい技術やテクノロジーの開発、導入が済んでいる状態になっているのが理想的だと考えられます。

逆に、新しい技術・テクノロジーを導入して間もない頃はS字カーブモデルにおける急激な成長、成果が出てくるようになるまで、技術・テクノロジーに投資をし続けることが技術・テクノロジーの成功において大切であると考えることができます。

モデルを参考にしながら新しい技術やテクノロジーに関する戦略を組み立てていくことが大切といえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!
面白い広告

日常生活に溶け込む「アンビエント広告」とは?具体的な事例をご紹介!

「アンビエント」には、「周囲の」「環境の」といった意味がある。その言葉通り、日常生活を営むうえで利用している道具や場所などをそのまま広告として活用したメディアを「アンビエント広告」という。 それでは、実際にはどのよう...
トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例
その他

トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例

究極のパーソナルスペースともいえるトイレの個室に広告を展開する事例が増えつつある。いったいどのような効果が期待できるのか。今回はトイレ内に設置されている広告事例について紹介する。 ポスターやステッカーの貼付・サンプル...
近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...