企業の社会的責任 CSR

正式名称:Corporate Social Responsibility

CSRは企業が自社の利益だけでなく、その組織活動が社会に与える影響に責任を持つことを指します。

典型的なCSRの活動として、「地球環境への配慮」や「ボランティア活動支援などの社会貢献」「地域社会参加などの地域貢献」など、環境や地域社会へ貢献する活動を挙げることができます。

他にも、CSRとして、安全や健康に配慮した職場環境と従業員支援」や「関連法規の遵守やコンプライアンス」、「適切な企業統治と情報開示」「誠実な消費者対応」「誠実な取引先との関係」など、法や従業員、消費者、取引先などと関係することについてもCSRの一環として考えることができます。

インターネットの普及によって、ソーシャルメディアが利用されるようになり、消費者は自ら簡単に情報の「発信」ができるようになりました。

さらにその発信した情報は、友人などのソーシャルメディアでの繋がりによってすぐにリアルタイムで大勢に共有されるようになりました。

このような情報の共有ができるようになったために、企業は「隠し事」を貫き通すことができなくなり、消費者に対して説明責任を果たすことができない商品やサービス従業員の劣悪な労働環境、経営体制の不透明さや見せかけのボランティア活動、これらはすぐにソーシャルメディアによって暴かれます。

逆に、消費者窓口や顧客対応での真摯な対応や顧客の安全、安心に向けた取り組み、環境保護に対して熱心な活動を行えば、それは良い評判として消費者に対して広まっていきます。

まとめ

ソーシャルメディアでは個人についても「企業の一員」として捉えられることが多くなっているので、個人にもあるべき姿勢が問われていると言えます。

CSRによって、企業はより一層きちんとして対応が求められて、従業員ひとりひとりが「自分事として全ての部署の取り組みを捉えることが現代では求められていると言えます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略
国内の広告

レジ上のスペースを有効活用!ファミリーマートのデジタルサイネージ戦略

ファミリーマートのレジ上のスペースに徐々にデジタルサイネージが設置されつつあるのをご存じだろうか。2022年春までに3,000店舗に導入。そして3年以内に設置可能な全店舗への導入を目指しているという。今回はファミリー...
AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図
国内の広告

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図

「あれ?なんで私がこの商品買ってるの知ってるの?」 「どうしてダイエットしてるのバレてるんだ…!」 Web広告のターゲティングや、動画を見ている時に出るリターゲティング広告に驚いたことがある人は今や少なくないはず。 ...
「カンヌライオンズ2021グランプリ賞のハイネケンのシャッター広告は未来の広告のあり方を変えるのか?
海外の広告

「カンヌライオンズ2021グランプリ賞のハイネケンのシャッター広告は未来の広告のあり方を変えるのか?

広告界の祭典「カンヌライオンズ2021」は1年に1度開催される授賞式で、2021年は6月21日~25日に開催された。 優れた手法や切り口を展開した広告作品に対して贈られる、「Communication」部門から、映像...