コアコンピタンス Core Competency

正式名称:Core Competency

コアコンピタンスとは企業が持っている「強み」のことで他の企業にはない本質的なものを指します。

日本語にした場合、コアコンピタンスは「競争優位要因」と訳すことができる言葉になり、マーケティング戦略や経営戦略を構築していく上でコアコンピタンスは非常に重要な概念になります。

コアコンピタンスを見極めるための5つの要素

自社のコアコンピタンスを見極める場合、5つの要素について考えながらコアコンピタンスを見付けていく必要があります。

5つの要素とは、模倣可能性(Imitability)、移動可能性(Transferability)、代替可能性(Substitutability)、希少性(Scarcity)、耐久性(Durability)、これら5つの要素となっています。

5つの要素を見極めることで、コアコンピタンスを発見していくことができると考えられますので、簡単に紹介します。

模倣可能性

模倣可能性とは、他社に真似できるものかどうかという視点です。

移動可能性

移動可能性とは、1種類の商品や市場だけでなく、様々な商品、分野に応用が効くかどうかを指します。

代替可能性

代替可能性とは、他の技術や特性でもそれの代わりとなるかどうか、唯一無二の存在であるかどうかという視点です。

希少性

希少性とは、その名の通り、その強み、要素に希少性があるかどうかです。

耐久性

耐久性とは、長期間その強みが他社との競争優位に立っていられるかどうか、という視点で考えることです。

まとめ

特に日本企業においては、コアコンピタンスを育てていく経営によって成功している企業が多く存在しているとされます。

自社のコアコンピタンスを明確にし、活用する経営を行うことで長期的な企業経営、安定した利益が生み出されます。

企業の長期的に安定した経営、未来を見据えた利益を考える場合、自社のコアコンピタンスを見極めた経営戦略が必要となってくると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」
国内の広告

JR東海、新CMに深津絵里33年ぶり出演。「会うって、特別だったんだ。」

「JR東海」新CMに深津絵里が、出演した。深津がJR東海CMに出演するのは、1988年に放送された「クリスマス・エクスプレス」シリーズ第1作以来、33年ぶりだ。今回、深津が演じているのは、大阪出張を終え、東京行きの東...
「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に
国内の広告

「みさなん おつれまかでさす。…きづまきしたね?」間違っているのに読めちゃう日本語の広告が話題に

普通に道を歩いているときに、前から歩いてくる人にぶつかられそうになったことがとても増えた。 コロナで不況が続き気分も落ち込む中、みんな無意識に下を向いて歩きがちになったのかもしれない。 広告の枠も変わってきていて、今...
近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...