コストパーリード CPL

正式名称:Cost Per Lead

CPLとは、1件のリード(見込み客)を獲得するために費やしたマーケティングのコスト、費用を指します。

CPL、つまり、1件のリード(見込み客)獲得のための費用はリード獲得のためのマーケティング施策に費やした費用をそのマーケティング施策によって獲得したリードの数で割ることによって計算することができます。

計算式とした表す場合には、以下のような式になります。

CPL=マーケティング施策に費やした費用/マーケティング施策によって獲得したリードの数

例えば、展示会を利用して名刺を集めるマーケティングの施策をする場合、展示会のためにかかった総出展コストを獲得した名刺の数で割ってCPLの数値を算出することになります。

CPLの具体例

マーケティングの施策に10万円の費用をかけて、1,000件のリスト(見込み客)を獲得することが出来た場合、100,000÷1,000という計算をすればいいので、この場合のCPLの数値はリード(見込み客)一件あたり100円ということになります。

このようにCPLを計算することによってマーケティング施策の効果を数字によって、明確に評価することができます。

まとめ

CPLはマーケティング施策の効果を評価する1つの基準として利用していくことになりますが、注意点が存在します。

CPLというのは、マーケティング施策にかかった費用・コストを獲得したリード(見込み客)の総数で割ったあくまで1件のリードを獲得するための「平均コスト」でしかありません。

つまり、リード(見込み客)の質を測定したり評価したりする指標として利用することはできない点です。

つまり、CPLを算出して評価・判断に利用する場合、CPL単体で判断してしまうのではなく、獲得したいリード(見込み客)の質やマーケティング全体のバランスを合わせて考えながら判断していく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?
比較・紹介

【徹底解説】空きスペースで収益を上げる方法|売上増加の秘訣とは?

オフィスや店舗の空きスペースを有効活用し、広告を配置するのが「インストアメディア」だ。 手軽に作れて、反応を見やすいため、多くの店舗ビジネスで活用されている。 また、自店舗に設置するだけでなく、他社の店舗にインストア...
紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目
国内の広告

紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目

2021年10月より、Gratify(グラティファイ)という広告サービスがリリースされた。 紙コップに広告を載せるサービスなのだが、慈善団体への寄付や、社会問題解決へフォーカスを当てていることも特徴だ。 お得で優しい...
屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?
国内の広告

屋外広告もNFT化誰もが広告主になり得る時代に…?

近年、NFT化がより注目されるようになってきた。 全てがデジタル上で完結できるような世の中に近づくにつれ、さまざまなイベントや身近なものがNFTに絡められてきているということは否めない。 デジタルのコンテンツを数量限...