コストパーリード CPL

正式名称:Cost Per Lead

CPLとは、1件のリード(見込み客)を獲得するために費やしたマーケティングのコスト、費用を指します。

CPL、つまり、1件のリード(見込み客)獲得のための費用はリード獲得のためのマーケティング施策に費やした費用をそのマーケティング施策によって獲得したリードの数で割ることによって計算することができます。

計算式とした表す場合には、以下のような式になります。

CPL=マーケティング施策に費やした費用/マーケティング施策によって獲得したリードの数

例えば、展示会を利用して名刺を集めるマーケティングの施策をする場合、展示会のためにかかった総出展コストを獲得した名刺の数で割ってCPLの数値を算出することになります。

CPLの具体例

マーケティングの施策に10万円の費用をかけて、1,000件のリスト(見込み客)を獲得することが出来た場合、100,000÷1,000という計算をすればいいので、この場合のCPLの数値はリード(見込み客)一件あたり100円ということになります。

このようにCPLを計算することによってマーケティング施策の効果を数字によって、明確に評価することができます。

まとめ

CPLはマーケティング施策の効果を評価する1つの基準として利用していくことになりますが、注意点が存在します。

CPLというのは、マーケティング施策にかかった費用・コストを獲得したリード(見込み客)の総数で割ったあくまで1件のリードを獲得するための「平均コスト」でしかありません。

つまり、リード(見込み客)の質を測定したり評価したりする指標として利用することはできない点です。

つまり、CPLを算出して評価・判断に利用する場合、CPL単体で判断してしまうのではなく、獲得したいリード(見込み客)の質やマーケティング全体のバランスを合わせて考えながら判断していく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。
国内の広告

大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。

電車内がラグビー場になった。 2022年1月2日から1月15日まで、Osaka Metro御堂筋線の車内にラグビー場を再現した電車が現れた。 その正体はNTTドコモレッドハリケーンズ大阪。1月7日のラグビー新リーグ「...