コストリーダーシップ戦略 Cost Leadership

正式名称:Cost Leadership

コストリーダーシップ戦略とは、競合他社に比べて、相対的に低いコストで活動できる企業が、その低コストを競争力の源泉として業界内でも競争優位な立場にある状態、または、その状態を実現することを目指す競争戦略を指します。

業界内の最低コストを実現し、市場価格の決定権を握ることによって、競合他社との価格競争になったとしても、黒字の経営を維持できる状態を目指す戦略です。

ハーバード大学ビジネススクールのマイケル・E・ポーター教授が提唱した3つの基本戦略のうちの1つの戦略になります。

原材料を安く仕入れる、労働力を安く調達する、減価償却が終わった工場で生産を行うなど、これらによってコストを安くすることによって競合優位性を作っていくための戦略がコストリーダーシップ戦略です。

つまり、コストリーダーシップ戦略は生産規模や販売機規模、原料調達、製造プロセス、他にも、物流システムなどの優位性によって他社よりも低いコストを実現し、シェアを拡大していこうという戦略になります。

そのため、コストリーダーシップ戦略は市場において最も安いコストを実現し、競争優位を実現しようとする戦略なので、大量生産の技術が整っていたりする規模の経済性を発揮できるリーダー企業に適した戦略だとされます。

まとめ

コストリーダーシップ戦略にはリスクもあります。

価格を下げることで、競合他社が追随して値下げをし、価格競争に発展してしまうケースも少なくありません。

価格を下げすぎたあまり、利益が出せず、値上げもできないという状況に陥ることも考えられます。

また、コストリーダーシップ戦略を過剰に進め、価格を極端に抑えたり、品質が悪くなってしまったりすることで、「安っぽい」「安いけど品質もそれなり」という企業イメージが定着してしまうリスクも考えられます。

したがって、リスクを考慮した上で採用すべき戦略といえます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

広がる、空きスペースの有効活用
国内の広告

広がる、空きスペースの有効活用

空きスペースがスポットライトを浴びる時代に突入している。 世の中はシェアすることを好み、無駄なものを排除することでよりミニマムな暮らしを求める声が多くなった。 そんな中で生まれた空きスペースが決して世の中の蛇足になる...
「俯瞰してわかることがある。」渋谷ジャックのOOHだからこそ伝えられるメッセージ広告
国内の広告

「俯瞰してわかることがある。」渋谷ジャックのOOHだからこそ伝えられるメッセージ広告

渋谷という街は色んな人や文化が入り混じっていて非常に面白い。 広告という媒体と、渋谷という街を掛け合わせることで、雑踏や景観の中にさまざまなメッセージを隠すことができる。 広告に感度の高い人にとっては、渋谷という街に...
紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目
国内の広告

紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目

2021年10月より、Gratify(グラティファイ)という広告サービスがリリースされた。 紙コップに広告を載せるサービスなのだが、慈善団体への寄付や、社会問題解決へフォーカスを当てていることも特徴だ。 お得で優しい...