コンテンツ Contents

正式名称:Contents

コンテンツとは主にWebマーケティングで使われる言葉で、Webサイト上提供される全ての情報のことを指します。

例えば、Webページに掲載されている画像、ダウンロード可能な動画や音声、他にも表示されるテキストを含めて、全てをコンテンツと呼ぶことができます。

現在の日本では、コンテンツという言葉は「提供物」という意味合いで使われることが多く、特にWebサイトの画像や動画、音声、文章など、ユーザーに対して提供される情報全般を指すことが多くなります。

つまり、本来は「中身」を表す言葉のコンテンツですが、たとえば、財布の中身やバッグの中身のことをコンテンツという言葉で表すことはなく、誰かに対して提供される作品、「提供物」のことをコンテンツという場合が多くなります。

また、カナダの英文学者のマーシャル・マクルーハンは1964年に刊行したメディア論・人間の拡張の諸相の中で、「コンテンツはメディアの一部であり、メディアとはメッセージのことである」と提唱しています。

このことからコンテンツを定義する場合には、コンテンツとはそれ自体がメッセージを発信するもの、または何かしらのメッセージということになります。

まとめ

Webマーケティングで企業の収益を上げたいと思った場合、コンテンツの本質的な意味を理解する必要があります。

SEOを行うよりもまずはコンテンツの本質、そして良質なコンテンツの正しい知識を身に付けることが結果的にWebマーケティングを成功へと導いていくこと考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?
国内の広告

涙で歪む視界を表現した「涙広告」とは?

小説やマンガ、映画などのコンテンツを見て、感動のあまり思わず泣いてしまった経験のある方は多いのではないだろうか。 目が潤んで涙が溜まると、視界がぼやけるだろう。 広告のなかには、そのような涙が溢れて視界がぼやけた様子...
だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告
国内の広告

だんだん小さくなる・・・KINCHOの攻めた新聞広告

毎年癖の強い広告を展開して話題を集めているKINCHO。今年は日を追うごとにサイズが小さくなっていく新聞広告が大きな反響を呼んだ。今回はだんだん小さくなるKINCHOの新聞広告をご紹介する。 小さくなりすぎて逆にツッ...
【2022年版】コインランドリーの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年版】コインランドリーの空きスペースで収益化!活用事例6選

大物な布団を洗濯したり、外出先の洗濯ができたりと便利なコインランドリー。 空いたスペースを使いコインランドリービジネスを始める業者も増えてきている。 コインランドリーでは「洗濯機や乾燥機を置くだけではどうしてもスペー...