コンテンツマーケティング Contents Marketing

正式名称:Contents Marketing

コンテンツマーケティングはユーザー・消費者にとって価値のあるコンテンツを作成することで見込み客のニーズを育成し、購買につなげ、最終的にファン化させることを目的としたマーケティングの手法を指します。

コンテンツマーケティングのポイント、要点となるのは、「価値あるコンテンツを作る」「顧客を育てる」「ファン化する」
の3つと考えられています。

従来の集客方法であるリスティング広告などではすでにニーズが顕在化している、いわゆる「今すぐ客」をターゲットとしますが、
コンテンツマーケティングはそれとは異なります。

まだニーズが顕在化していない潜在的な顧客に対して適切なコンテンツを提供することによって自社や自社の製品・サービスのことを知ってもらい、ひとつずつプロセスを経て育成していくマーケティングの手法になります。

そのため、コンテンツマーケティングとは、単一のツールやテクニックを指すのではなく、全体的なマーケティングプロセスを構築する「概念」「考え方」と理解しておくべきです。

現在のGoogleの検索エンジンのアルゴリズムではコンテンツにオリジナリティがなかったり、被リンクだけを目的としたコンテンツはスパムとして扱われるため、オーガニック検索(ナチュラル検索、自然検索)の表示順位において大きな変動が出ています。

このような検索エンジンのアルゴリズムの動きからも、コンテンツの内容を重視するコンテンツマーケティングに注目が集まってきているのです。

まとめ

Googleの検索エンジンのアップデートをはじめ、今後はさらにコンテンツ重視のマーケティングが中心になっていくと考えることができます。

たとえ時間をかけたとしても良質なコンテンツを作ることは、コンテンツマーケティングの成功につながるだけでなく、企業にとっての資産にもなります。

「今すぐ客」を獲得するための即効性のあるマーケティングだけでなく、長期的な利益の期待できるコンテンツマーケティングにも注力をしていくことがこれからのビジネス・マーケティングの成功に必要な要素になると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…
国内の広告

韓国で人気の「推しの応援広告」。日本にも…

「推し活」「推ししか勝たん」という言葉を、日々耳にするようになった。 誰しもが心の中に、推しを住まわせて暮らすようにいつからなってしまったのだろう。 しかし、日々ストレスやさまざまな葛藤と闘いながら暮らす現代人にとっ...
ユニークでレトロな銭湯の鏡広告が面白い!
国内の広告

ユニークでレトロな銭湯の鏡広告が面白い!

銭湯の洗い場にある鏡に掲示された広告を「鏡広告」という。 銭湯数の減少に伴い、鏡広告の需要も減りつつあるなか、近年、大阪の銭湯「千鳥温泉」の鏡広告がテレビやネットで取り上げられ、話題を集めている。 鏡広告とはいったい...
「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM
その他

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM

NTTドコモが2026年3月にiモードとFOMAのサービスを終了 歴代の400台以上のガラケーが登場し、iモード全盛期のあるあるやトレンドを盛り込みながら、当時のガラケー視点でガラケーが人と人とを繋いだ思い出を振り返...