コンテンツマーケティング Contents Marketing

正式名称:Contents Marketing

コンテンツマーケティングはユーザー・消費者にとって価値のあるコンテンツを作成することで見込み客のニーズを育成し、購買につなげ、最終的にファン化させることを目的としたマーケティングの手法を指します。

コンテンツマーケティングのポイント、要点となるのは、「価値あるコンテンツを作る」「顧客を育てる」「ファン化する」
の3つと考えられています。

従来の集客方法であるリスティング広告などではすでにニーズが顕在化している、いわゆる「今すぐ客」をターゲットとしますが、
コンテンツマーケティングはそれとは異なります。

まだニーズが顕在化していない潜在的な顧客に対して適切なコンテンツを提供することによって自社や自社の製品・サービスのことを知ってもらい、ひとつずつプロセスを経て育成していくマーケティングの手法になります。

そのため、コンテンツマーケティングとは、単一のツールやテクニックを指すのではなく、全体的なマーケティングプロセスを構築する「概念」「考え方」と理解しておくべきです。

現在のGoogleの検索エンジンのアルゴリズムではコンテンツにオリジナリティがなかったり、被リンクだけを目的としたコンテンツはスパムとして扱われるため、オーガニック検索(ナチュラル検索、自然検索)の表示順位において大きな変動が出ています。

このような検索エンジンのアルゴリズムの動きからも、コンテンツの内容を重視するコンテンツマーケティングに注目が集まってきているのです。

まとめ

Googleの検索エンジンのアップデートをはじめ、今後はさらにコンテンツ重視のマーケティングが中心になっていくと考えることができます。

たとえ時間をかけたとしても良質なコンテンツを作ることは、コンテンツマーケティングの成功につながるだけでなく、企業にとっての資産にもなります。

「今すぐ客」を獲得するための即効性のあるマーケティングだけでなく、長期的な利益の期待できるコンテンツマーケティングにも注力をしていくことがこれからのビジネス・マーケティングの成功に必要な要素になると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【2022年版】コインランドリーの空きスペースで収益化!活用事例6選
国内の広告

【2022年版】コインランドリーの空きスペースで収益化!活用事例6選

大物な布団を洗濯したり、外出先の洗濯ができたりと便利なコインランドリー。 空いたスペースを使いコインランドリービジネスを始める業者も増えてきている。 コインランドリーでは「洗濯機や乾燥機を置くだけではどうしてもスペー...
ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?
国内の広告

ビルの空き壁を利用した「アート広告」とは?

日本は海外ほどアートが身近ではなく、実際に市場規模は世界以上の3%程度にしか過ぎないといわれている。しかし近年、空き壁を利用したアート広告がにわかに脚光を浴びつつある。 はたしてビルの空き壁を利用した「アート広告」と...
電車を丸ごとジャックでインパクト大!「ちゅ〜る ちゅ〜るトレイン」運行
国内の広告

電車を丸ごとジャックでインパクト大!「ちゅ〜る ちゅ〜るトレイン」運行

日本人は記念日をつけたがる。 「記念日協会」なるものが存在するとおり、商品においても文化においても、記念日と結びつけることでブランディング価値が向上するということはよく知られている手法だ。 2022年、誰もが「あ、」...