個人営業 Business to Consumer(BtoC)

正式名称:Business to Consumer

BtoCはBusiness to Customerの略で、企業と一般消費者との取引のことを指します。

不特定多数の一般消費者を顧客とする小売業や製造業がBtoCのビジネスに該当します。

具体的なBtoCビジネスの例を挙げる場合、個人の消費者を対象にしているインターネット通販、オンラインショッピングなど、実店舗のあるビジネスならコンビニエンスストア、地域のスーパーマーケット、家電量販店などがあります。

ちなみに、企業が企業を相手にして取引を行う場合、Business to Businessを省略したBtoBという言葉が使われます。

現在のBtoCビジネスの特徴として、小売業だけではなく、自社開発のソフトウェアの販売や音楽配信、画像配信、オンラインゲームのサービス提供など、デジタルコンテンツの提供を行う企業の数も増えてきています。

インターネットやWebメディアの発展により、メーカーや卸から商品を仕入れて販売する小売以外にも自社で開発したデジタルコンテンツを販売するBtoCも容易になってきたのです。

今後もインターネットやWebメディアの発展は継続すると考えられますのでさらに新しい形の商品が増えていくことが予想されます。

まとめ

インターネットやWebメディアの発展によってBtoCビジネスも大きく変化をはじめています。

他のビジネスやマーケティングと同様に、インターネットやWebメディアを利用したWebマーケティングを使いこなせるかどうか、これが今後のBtoCビジネスにおいても非常に重要なことになっていくと考えることができます。

また、BtoCマーケティングにおいては消費者の感情に訴えかけるマーケティングを行うことも重要な要素となります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

レゴが創立90周年を記念してJR山手線と丸の内エリアをジャック!
国内の広告

レゴが創立90周年を記念してJR山手線と丸の内エリアをジャック!

子どもから大人まで幅広い年齢層のファンを抱えるレゴグル-プが、2022年で創業90周年を迎えた。それを記念し、レゴブロックがJR山手線と丸の内エリアをジャック。今回は、その模様をご紹介する。 JR山手線がレゴブロック...
AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図
国内の広告

AIを活用したローソンの「レシート広告」。レシート1枚に踊らされる私たちの未来予想図

「あれ?なんで私がこの商品買ってるの知ってるの?」 「どうしてダイエットしてるのバレてるんだ…!」 Web広告のターゲティングや、動画を見ている時に出るリターゲティング広告に驚いたことがある人は今や少なくないはず。 ...
BMSGの謎解き広告が渋谷をジャック!隠された答えは?
国内の広告

BMSGの謎解き広告が渋谷をジャック!隠された答えは?

2022年6月8日~14日までの約1週間、アーティストであり音楽プロデューサーでもあるSKY-HI(日高光啓)のマネジメント&レーベルBMSGが「新章突入」とだけ書かれた屋外広告を渋谷に展開し、大きな話題を集めた。 ...