個人営業 Business to Consumer(BtoC)

正式名称:Business to Consumer

BtoCはBusiness to Customerの略で、企業と一般消費者との取引のことを指します。

不特定多数の一般消費者を顧客とする小売業や製造業がBtoCのビジネスに該当します。

具体的なBtoCビジネスの例を挙げる場合、個人の消費者を対象にしているインターネット通販、オンラインショッピングなど、実店舗のあるビジネスならコンビニエンスストア、地域のスーパーマーケット、家電量販店などがあります。

ちなみに、企業が企業を相手にして取引を行う場合、Business to Businessを省略したBtoBという言葉が使われます。

現在のBtoCビジネスの特徴として、小売業だけではなく、自社開発のソフトウェアの販売や音楽配信、画像配信、オンラインゲームのサービス提供など、デジタルコンテンツの提供を行う企業の数も増えてきています。

インターネットやWebメディアの発展により、メーカーや卸から商品を仕入れて販売する小売以外にも自社で開発したデジタルコンテンツを販売するBtoCも容易になってきたのです。

今後もインターネットやWebメディアの発展は継続すると考えられますのでさらに新しい形の商品が増えていくことが予想されます。

まとめ

インターネットやWebメディアの発展によってBtoCビジネスも大きく変化をはじめています。

他のビジネスやマーケティングと同様に、インターネットやWebメディアを利用したWebマーケティングを使いこなせるかどうか、これが今後のBtoCビジネスにおいても非常に重要なことになっていくと考えることができます。

また、BtoCマーケティングにおいては消費者の感情に訴えかけるマーケティングを行うことも重要な要素となります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

GUCCI×THE NORTH FACE屋外広告を紹介!
国内の広告

GUCCI×THE NORTH FACE屋外広告を紹介!

GUCCIはいま映画『ハウス・オブ・グッチ』が話題になっている。今回紹介するのは、第2弾と続くグッチとノースフェイスの好評コラボ。屋外に際立つ粋な広告を紹介。繰り広げられるアイデアに流石グッチ!観る人に新鮮な驚きを与...
先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。
国内の広告

先の見えない日々だったけれど、そんな時代だから生まれた広告たち。

未曾有のウイルスによって私たちの生活はこの1~2年で大きく変わった。 外出もできず、広告を行うこともなんとなく躊躇われた時期もあった。 だけど、そんな時期だったからこそ前向きな、メッセージ性の強い広告がたくさん生まれ...
大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。
国内の広告

大阪メトロをNTTドコモレッドハリケーンズ大阪がジャック!日本初の3D広告も。

電車内がラグビー場になった。 2022年1月2日から1月15日まで、Osaka Metro御堂筋線の車内にラグビー場を再現した電車が現れた。 その正体はNTTドコモレッドハリケーンズ大阪。1月7日のラグビー新リーグ「...