個人営業 Business to Consumer(BtoC)

正式名称:Business to Consumer

BtoCはBusiness to Customerの略で、企業と一般消費者との取引のことを指します。

不特定多数の一般消費者を顧客とする小売業や製造業がBtoCのビジネスに該当します。

具体的なBtoCビジネスの例を挙げる場合、個人の消費者を対象にしているインターネット通販、オンラインショッピングなど、実店舗のあるビジネスならコンビニエンスストア、地域のスーパーマーケット、家電量販店などがあります。

ちなみに、企業が企業を相手にして取引を行う場合、Business to Businessを省略したBtoBという言葉が使われます。

現在のBtoCビジネスの特徴として、小売業だけではなく、自社開発のソフトウェアの販売や音楽配信、画像配信、オンラインゲームのサービス提供など、デジタルコンテンツの提供を行う企業の数も増えてきています。

インターネットやWebメディアの発展により、メーカーや卸から商品を仕入れて販売する小売以外にも自社で開発したデジタルコンテンツを販売するBtoCも容易になってきたのです。

今後もインターネットやWebメディアの発展は継続すると考えられますのでさらに新しい形の商品が増えていくことが予想されます。

まとめ

インターネットやWebメディアの発展によってBtoCビジネスも大きく変化をはじめています。

他のビジネスやマーケティングと同様に、インターネットやWebメディアを利用したWebマーケティングを使いこなせるかどうか、これが今後のBtoCビジネスにおいても非常に重要なことになっていくと考えることができます。

また、BtoCマーケティングにおいては消費者の感情に訴えかけるマーケティングを行うことも重要な要素となります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM
その他

「メアド教えて!」ガラケーを代表するiモード・FOMAドコモ歴代400台総登場 WebCM

NTTドコモが2026年3月にiモードとFOMAのサービスを終了 歴代の400台以上のガラケーが登場し、iモード全盛期のあるあるやトレンドを盛り込みながら、当時のガラケー視点でガラケーが人と人とを繋いだ思い出を振り返...
社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...
アマゾンからある日突然届く、 無料のサンプリング!
面白い広告

アマゾンからある日突然届く、 無料のサンプリング!

まさかアマゾンを語った詐欺‥? 筆者はまだ一度も経験したことがないが、注文した覚えがないのに、突然アマゾンから荷物が届く。ということがあるのだそうだ。 頼んだ覚えがないので受け取った人は、本当にアマゾンからなのか?詐...