サイコグラフィックデータ サイコグラフィックデータ

正式名称:サイコグラフィックデータ

サイコグラフィックデータとは、消費者の心理学的な特性データを指します。

価値観やライフスタイル、趣味、嗜好など、心理的なデータ、心理的属性のことを指しています。

好みなどの感性に基づいて人を区分け、グループ分けする場合に利用されることが多いデータです。

サイコグラフィックデータが利用される場面にダイレクトメールの送付があります。

ダイレクトメール送付の際に、サイコグラフィックデータを使えば、自社製品やサービスに興味を持ちやすい顧客・消費者に対象を絞れるので、効率的に、低コストで効果的なダイレクトメールの送付ができます。

また、サイコグラフィックデータは心理学的、心理的なデータになりますので、ぱっと見のイメージにも活かすことができるため、ダイレクトメールの作成そのものにも利用することができます。

たとえば、サイコグラフィックデータを利用することによって、ダイレクトメールの封筒を対象となる顧客・消費者が好む色にしたり、興味がそそられる、注意を引くデザインにすることによってダイレクトメールの開封率を上げることができます。

日頃から顧客アンケートを取ってみたり、インタビューを行うことでサイコグラフィックデータは独自に収集することもできるデータです。

まとめ

サイコグラフィックデータは顧客の心理によってもデータの内容が変わってきますので、あくまでアンケート実施時のデータということになります。

そのため、顧客の心理的な変化も考慮した場合、1回だけではなく、継続的にデータの収集を行っていく必要があります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

メタバース上に出現!Nikeが手掛ける初の没入型3D空間広告
面白い広告

メタバース上に出現!Nikeが手掛ける初の没入型3D空間広告

オンラインプラットフォーム Roblox(ロブロックス)内に没入型3D空間 NIKELAND(ナイキランド)をオープン メタバース上に突如出現したこの空間では、3Dアバターを操作して様々なアクティビティを楽しんだり、...
ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする
その他

ついにファッションブランドもメタバース!憧れのアイテムを手にする

ファッション広告で世界的に有名なブランドがメタバースを話題にしたのはつい最近でもない。難しさは仮想を受け入れる体制は整っていなかったからだろう。身近な環境のデジタル化が進み、遊び心がそれを現実化へと大きく近づけた。メ...
思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例
国内の広告

思わずお腹が減ってしまう 食品の屋外広告事例

街を歩いていると見ていてついお腹が空いてしまう広告がある。 消費者の心理にマッチする「場所」と「タイミング」と「クリエイティブ」を工夫しているからこそ、 本当に届けたい相手に伝えたい情報が届く広告になっていると感じる...