シックスシグマ Six Sigma

正式名称:Six Sigma

シックスシグマとは、1980年代にモトローラによって開発された「品質管理のためのフレームワーク」を指します。

1990年代後半に、アメリカのモトローラ(Motorola)社が自社製品の品質レベル、そして、日本企業の品質の高さの差の原因を追及する中で体系化された手法の一つで、「事業経営の中で起こるミスやエラー、欠陥品の発生確率を100万分の3.4のレベルにすることを目標に推進する継続的な経営品質改革活動」と定義することができる改革の手法です。

この「経営品質」は、顧客に提供する商品、サービスそのものだけでなく、それを作り出すためのプロセスや組織、人、そしてシステム、それらの組み合わせを含めた経営全体での活動の質となります。

日本の品質管理の手法、統計分析の手法を参考にして、それを体系化してシックスシグマが生み出されました。

モトローラ社がシックスシグマを体系化した後は、アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)社がシックスシグマを導入し、大きな収益効果や経費削減効果を上げたため、経営改革手法として脚光を浴びるようになりました。

ゼネラル・エレクトリック(GE)社の成功を受けて、多くの他の多くの企業がシックスシグマの導入を始めました。

まとめ

例えば、電力会社が毎日15分間の停電を発生させていたら、大きな問題となって取り上げられます。たとえ99%の確率で商品やサービスの品質を保っていても、顧客満足には到底つながりません。

そこで、100万分の3.4という確率を実現するための改革の手法であるシックスシグマが世界中の企業から注目されています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

「俯瞰してわかることがある。」渋谷ジャックのOOHだからこそ伝えられるメッセージ広告
国内の広告

「俯瞰してわかることがある。」渋谷ジャックのOOHだからこそ伝えられるメッセージ広告

渋谷という街は色んな人や文化が入り混じっていて非常に面白い。 広告という媒体と、渋谷という街を掛け合わせることで、雑踏や景観の中にさまざまなメッセージを隠すことができる。 広告に感度の高い人にとっては、渋谷という街に...
印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題
国内の広告

印刷ミスのポスターが掲載?早稲田大学サークル募集広告が話題

せっかくの広告ポスターなのに、印刷を大失敗してしまった!そんな事例をご紹介しよう。 「印刷データを間違えて送ってしまって、僕の証明写真が掲載されました」 こちらは2019年、東京メトロ早稲田駅に掲載された広告だ。 大...
メタバース上に出現!Nikeが手掛ける初の没入型3D空間広告
面白い広告

メタバース上に出現!Nikeが手掛ける初の没入型3D空間広告

オンラインプラットフォーム Roblox(ロブロックス)内に没入型3D空間 NIKELAND(ナイキランド)をオープン メタバース上に突如出現したこの空間では、3Dアバターを操作して様々なアクティビティを楽しんだり、...