スウォット(SWOT)分析 SWOT Analysis

正式名称:SWOT Analysis

SWOT分析では、組織や個人における内部環境と外部環境を分析して現状を把握することを指します。

一般的に、SWOT分析では、Strength(強み)、Weakness(弱み)が内部環境分析、つまり、自社や自分自身についての分析になります。そして、Opportunity(機会)、Threat(脅威)がSWOT分析においての外部環境の分析ということになります。

では、SWOT分析はどのように分析を行っていくのか、内部環境分析、外部環境分析、それぞれを詳しく解説していきます。

一般的にSWOT分析を行う場合、Opportunity(機会)、Threat(脅威)、つまり、外部環境分析から行っていくことになります。

たとえば、以下の質問を自社、もしくは自分自身にしてみることでSWOT分析における外部環境分析を行うことができます。

市場や自社をとりまく環境に変化はあるか、もし変化があれば、それはどのようなものか、その変化に対して他社はどのように追従しているのか、もしくは追従していけるのか。

SWOT分析ではこれらの質問によって最初に外部環境に関する客観的な事実を分析し、その事実を踏まえた上で内部環境を分析していくことになります。

ちなみに、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の具体的な例として政治・経済、技術進展、法規制、市場規模・成長性、価値観、価格、競合他社、協力会社などがあります。

まとめ

SWOT分析はあくまで相対的な分析となりますので、外部環境、内部環境、どちらかが変化すれば分析結果、評価も変化していくことがありえます。

そのため、SWOT分析は詳細な分析を行うのではなく、結果よりも過程を重視する戦略立案のための手法として向いていると考えることができます。

マーケティングの戦略を立案する場合にはSWOT分析を行うことによって現状を把握し、客観的な評価のもと戦略を構築していくことが重要になっていくと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、SWOT分析の意味になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。
国内の広告

明治R-1の受験生応援広告 今年も話題に。

昨年、“受験生あるある”を切り口とした受験生応援広告が話題になったことを覚えている人も多いだろう。 渋谷駅前に大きく掲出された「墾田永年私財法」の文字は、インパクトの大きさやメディアに多数映り込んだことからも話題を集...
検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に
国内の広告

検索して謎を解け!日テレ広告「田中麻理鈴って誰?」が話題に

2022年の2月7日から、JR山手線渋谷駅に、日本テレビの広告が掲載される。 謎を解くことで、秘密の情報がわかる「謎解き広告」だ。 この謎、解けるだろうか。 田中麻理鈴って誰? こういった事務文書がでかでかと掲載され...
近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告
国内の広告

近くで見ても遠くで見ても、「パフォーマンスアップ」な広告

日ごろ、どれくらいの人が集中して広告を見ているだろう。 ひとつの景色として見ている人。デザインを見ている人。キャッチコピーを読んでいる人。広告の内容をじっくりと呼んでいる人。… 広告への接し方は人それぞれだということ...