スウォット(SWOT)分析 SWOT Analysis

正式名称:SWOT Analysis

SWOT分析では、組織や個人における内部環境と外部環境を分析して現状を把握することを指します。

一般的に、SWOT分析では、Strength(強み)、Weakness(弱み)が内部環境分析、つまり、自社や自分自身についての分析になります。そして、Opportunity(機会)、Threat(脅威)がSWOT分析においての外部環境の分析ということになります。

では、SWOT分析はどのように分析を行っていくのか、内部環境分析、外部環境分析、それぞれを詳しく解説していきます。

一般的にSWOT分析を行う場合、Opportunity(機会)、Threat(脅威)、つまり、外部環境分析から行っていくことになります。

たとえば、以下の質問を自社、もしくは自分自身にしてみることでSWOT分析における外部環境分析を行うことができます。

市場や自社をとりまく環境に変化はあるか、もし変化があれば、それはどのようなものか、その変化に対して他社はどのように追従しているのか、もしくは追従していけるのか。

SWOT分析ではこれらの質問によって最初に外部環境に関する客観的な事実を分析し、その事実を踏まえた上で内部環境を分析していくことになります。

ちなみに、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の具体的な例として政治・経済、技術進展、法規制、市場規模・成長性、価値観、価格、競合他社、協力会社などがあります。

まとめ

SWOT分析はあくまで相対的な分析となりますので、外部環境、内部環境、どちらかが変化すれば分析結果、評価も変化していくことがありえます。

そのため、SWOT分析は詳細な分析を行うのではなく、結果よりも過程を重視する戦略立案のための手法として向いていると考えることができます。

マーケティングの戦略を立案する場合にはSWOT分析を行うことによって現状を把握し、客観的な評価のもと戦略を構築していくことが重要になっていくと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、SWOT分析の意味になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中
国内の広告

サスティナブルを広告に。地球にやさしいOOHが増加中

どの企業も積極的にサスティナブルを打ち出す機会が増えた。 今や、脱プラやSDGsなんて言葉が社会活動のベースになりつつある。 そんなサスティナブルな取組みも、注目される広告のひとつとして活用している企業もみられはじめ...
トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例
その他

トイレの個室を広告空間へ!パーソナルスペースだからこそ刺さるトイレ広告事例

究極のパーソナルスペースともいえるトイレの個室に広告を展開する事例が増えつつある。いったいどのような効果が期待できるのか。今回はトイレ内に設置されている広告事例について紹介する。 ポスターやステッカーの貼付・サンプル...
「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告
国内の広告

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告

広告に嫌悪感を感じるユーザーから、支持を得た広告がある。 まずはどんな広告がご覧いただこう。 山手線で掲載されたNetflixのオリジナルアニメ作品「リラックマとカオルさん」の広告だ。 2019年に掲載され、瞬く間に...