スウォット(SWOT)分析 SWOT Analysis

正式名称:SWOT Analysis

SWOT分析では、組織や個人における内部環境と外部環境を分析して現状を把握することを指します。

一般的に、SWOT分析では、Strength(強み)、Weakness(弱み)が内部環境分析、つまり、自社や自分自身についての分析になります。そして、Opportunity(機会)、Threat(脅威)がSWOT分析においての外部環境の分析ということになります。

では、SWOT分析はどのように分析を行っていくのか、内部環境分析、外部環境分析、それぞれを詳しく解説していきます。

一般的にSWOT分析を行う場合、Opportunity(機会)、Threat(脅威)、つまり、外部環境分析から行っていくことになります。

たとえば、以下の質問を自社、もしくは自分自身にしてみることでSWOT分析における外部環境分析を行うことができます。

市場や自社をとりまく環境に変化はあるか、もし変化があれば、それはどのようなものか、その変化に対して他社はどのように追従しているのか、もしくは追従していけるのか。

SWOT分析ではこれらの質問によって最初に外部環境に関する客観的な事実を分析し、その事実を踏まえた上で内部環境を分析していくことになります。

ちなみに、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の具体的な例として政治・経済、技術進展、法規制、市場規模・成長性、価値観、価格、競合他社、協力会社などがあります。

まとめ

SWOT分析はあくまで相対的な分析となりますので、外部環境、内部環境、どちらかが変化すれば分析結果、評価も変化していくことがありえます。

そのため、SWOT分析は詳細な分析を行うのではなく、結果よりも過程を重視する戦略立案のための手法として向いていると考えることができます。

マーケティングの戦略を立案する場合にはSWOT分析を行うことによって現状を把握し、客観的な評価のもと戦略を構築していくことが重要になっていくと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、SWOT分析の意味になります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!
国内の広告

渋谷・宮益坂下に巨大7面デジタルサイネージ広告が新登場!

2022年末4月末より、渋谷・宮益坂下エリアで新しいデジタルサイネージ広告がはじまる。 全部で7面の超巨大広告だ。 今回は株式会社ヒットが設置した屋外広告「シンクロ7シブヤヒットビジョン」についてご紹介する。 7面が...
【2022年最新版】空きスペースを活用して副収入が稼げるサービス12選
比較・紹介

【2022年最新版】空きスペースを活用して副収入が稼げるサービス12選

空きスペースを活用して、収入をあげるサービスが盛り上がりを見せている。 オフィスの会議室 飲食店・サロン 副業でもできる小さいスペース 法人から個人でも利用可能 空きスペースを借りたい人と、貸したい人をマッチングする...
クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...