スキミング Skimming

正式名称:Skimming

スキミングとは磁気記録式のカードの情報を読み取りコピーのカードを作成する行為のことを指します。

現代では、老若男女問わずクレジットカードで買い物をして、ATMでキャッシュカードを使い現金を引き出す、そのような光景が一般的になってきました。

大量の現金を持ち歩く必要がないので、一見便利そうなカード社会ですが、もちろんデメリットも存在します。

そのひとつがスキミングによるカード犯罪です。

手口が巧妙かしてきたことにより、本人も気付かないうちにクレジットカードやキャッシュカードの情報を抜き取られ、不正にコピー・偽造されてしまったり、悪用されるスキミングの被害が増えています。

実際に、クレジットカードの1年間での不正利用による被害総額は合計で100億円を超えるとも言われています。

そんなクレジットカードの不正利用の手口でも最も多いのがスキミングとされています。

まとめ

どんなに対策をしたとしても、スキミングをされてしまえば被害に合う可能性はありますが、私たちができることと言えば、銀行口座やクレジットカードの明細を定期的に確認したり、1つの口座に全ての資産を集中させないことだと考えられます。

他にも、クレジットカードなら盗難保険などがありますので、スキミングによる不正利用が補償対象となるかなどを確認しておくことです。

時代が便利になると同時に、スキミングの手口も巧妙化しますが、私たちひとりひとりが気を付けることによってスキミングの被害を少しでも減らしていくことが大切であると考えられます。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例
国内の広告

サスティナブルの目的、未来への想いがつまった企業広告事例

サスティナブルとは、持続可能。持続可能ってどんなこと?企業は自社にできるサスティナブルを考え取り組む。 合わせて確認しておきたいSDGs(エスディージーエス)とは、Sustinable Development Goa...
「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...
「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告
国内の広告

「風邪でも頑張りましょう」メッセージ性を高める逆張り広告

広告に嫌悪感を感じるユーザーから、支持を得た広告がある。 まずはどんな広告がご覧いただこう。 山手線で掲載されたNetflixのオリジナルアニメ作品「リラックマとカオルさん」の広告だ。 2019年に掲載され、瞬く間に...