多変量解析 Multiple Classification Analysis

正式名称:多変量解析は変数(アンケート結果など、状況によって数値が変化する値)に関するデータなど多くの情報を、仮説に基づいて関連性を明確にしていくための統計的手法のことを指します。

多変量解析は変数(アンケート結果など、状況によって数値が変化する値)に関するデータなど多くの情報を、仮説に基づいて関連性を明確にしていくための統計的手法のことを指します。

分かりやすく一言で言うならば、多変量解析は、「複雑なことを分かりやすくするための方法」となります。

例えば、ある商品について、複数のさまざまな評価などのデータがあるとします。

売上、利益率といってデータもそうですし、顧客満足度や商品特性などの商品に対する評価データもあります。

これらの評価データが何によって、どのように決まっていくのか、それを調べていくことが多変量解析の目的になります。

売上なら商品の魅力や価格、販売促進や販売チャネルが関わってきます。いわゆる、マーケティングの4P、Product、Price、Promotion、Placeです。

利益率の場合なら、原価や一般管理費が関わってきます。

商品特性の場合なら、原材料や製造方法などが原因になります。

このように、商品に関する評価や何かしらの結果には、数多くの要因、原因が関わってきます。

つまり、多変量解析の目的は複雑なデータを分析し、分かりやすくすることであり、多変量解析を利用することが分析力を高めるための大きな武器になると考えられます。

まとめ

多変量解析は大量のデータを扱う現代のマーケティングでは必要不可欠となる分析の手法とされています。

マーケティングに携わる場合には、多変量解析が何なのか、そしてどのような手法なのか、必ず理解しておく必要があるということになります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは
国内の広告

クレディセゾンのOOH事例から読み解く広告に大切な距離感とは

ふと目にするような数々の広告の中にも、実はメーカーのブランディング戦略担当の想いと同時にさまざまな仕掛けが隠れている。 何の気なしに見かける広告には、どのような意味があり、なぜそこに広告が出されているのかを考えてみる...
社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える
国内の広告

社会問題に挑むファッション広告 立ち止まって考える

ファッション雑誌を手掛けるSPURが創刊30周年を記念して取り組んだ広告が話題を呼んだ。社会問題をテーマに掲げ女性にとってまたジェンダーの差別を解決する糸口にもなるだろう。タブーと懸念され気軽に口することすらためらう...
あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告
海外の広告

あなた好みのスマホロック画面?!インドのAI利用デジタル広告

最新!インドのデジタル広告市場がすごい なにやら、インドの高成長がすごいらしい。。 インドのGDP(国内総生産)は2030年日本の3倍、2050年には日本の5倍に成長し、インドの人口は日本の12倍! 世界2位の13億...