多変量解析 Multiple Classification Analysis

正式名称:多変量解析は変数(アンケート結果など、状況によって数値が変化する値)に関するデータなど多くの情報を、仮説に基づいて関連性を明確にしていくための統計的手法のことを指します。

多変量解析は変数(アンケート結果など、状況によって数値が変化する値)に関するデータなど多くの情報を、仮説に基づいて関連性を明確にしていくための統計的手法のことを指します。

分かりやすく一言で言うならば、多変量解析は、「複雑なことを分かりやすくするための方法」となります。

例えば、ある商品について、複数のさまざまな評価などのデータがあるとします。

売上、利益率といってデータもそうですし、顧客満足度や商品特性などの商品に対する評価データもあります。

これらの評価データが何によって、どのように決まっていくのか、それを調べていくことが多変量解析の目的になります。

売上なら商品の魅力や価格、販売促進や販売チャネルが関わってきます。いわゆる、マーケティングの4P、Product、Price、Promotion、Placeです。

利益率の場合なら、原価や一般管理費が関わってきます。

商品特性の場合なら、原材料や製造方法などが原因になります。

このように、商品に関する評価や何かしらの結果には、数多くの要因、原因が関わってきます。

つまり、多変量解析の目的は複雑なデータを分析し、分かりやすくすることであり、多変量解析を利用することが分析力を高めるための大きな武器になると考えられます。

まとめ

多変量解析は大量のデータを扱う現代のマーケティングでは必要不可欠となる分析の手法とされています。

マーケティングに携わる場合には、多変量解析が何なのか、そしてどのような手法なのか、必ず理解しておく必要があるということになります。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

【2023年度版】飲食店の空きスペースで収益化! 活用事例18選
比較・紹介

【2023年度版】飲食店の空きスペースで収益化! 活用事例18選

飲食店が四六時中活用されているとも限らない。 飲食店としてオープンしている店舗の傍らの空きスペースが目立つ店舗もある。 最近では、飲食店の空きスペースを活用し、新たな収入を得ている店舗が増えてきている。 飲食店の空き...
「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告
国内の広告

「これの名前は?」ガシャポンの知名度を上げるために打たれた自虐風広告

バンダイのガシャポンは業界シェア率1位を誇るが、正式名称を知っている人は4%に過ぎない。そこでバンダイがガシャポンの知名度を上げるために打ち出した自虐風広告が話題を集めている。 わずか4%の人にしか認知されていないガ...
屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場
国内の広告

屋外広告の視聴数がわかる位置情報ビッグデータ活用プラットフォームが登場

「1日何人が、うちの看板を見たのだろう」 「あの通りに看板を出すと、どれくらいの人が見るだろうか」 と、気になることはないだろうか。 屋外広告の弱点として、細かい効果計測ができないところがある。しかし、この弱点を解消...