デモグラフィックデータ Demographic Data

正式名称:Demographic Data

デモグラフィックデータとは、消費者や顧客の属性に関するデータを指します。

デモグラフィックデータは消費者や顧客についての「年齢」「性別」「居住地」「家族構成」「職業」「所得」「学歴」をはじめ、他にも個人の特徴や所有物(自動車の車種や不動産等を含む)を表すデータです。

例えば、自動車保険を扱う企業であればデモグラフィックデータの中でも顧客の自動車の車種データを取得することは容易です。

しかし、クレジットカード会社が同じように顧客の自動車の車種というデモグラフィックデータを取得するのは不自然なデータ収集になりますし、困難になってしまいます。

そのため、デモグラフィックデータは業界や企業によってどのようなデータを収集・所有できるのか違いが出てくることになります。

共通して収集・所有できるデモグラフィックデータは、主に「氏名」「性別」「年齢」「居住地」などになります。

また、デモグラフィックデータはデモグラフィック変数としてデータの整理や顧客分析の際に利用されます。

デモグラフィックデータは購買や使用など、消費者行動と非常に連動が強い変数なので、公的データの入手が可能だったり、測定が非常に簡単な特徴があります。

そのため、デモグラフィックデータは分析によく利用される変数ですが、デモグラフィックデータのみで消費行動を説明しようとしても「なぜその行動に至ったのか」を説明することができないので、重要な部分が抜け落ちてしまった表面的な理解になってしまいます。

まとめ

デモグラフィックデータだけでなく、多くのデータと組み合わせて利用・分析していくこと、これがデモグラフィックデータの活用方法であり、また、マーケティングにおいて顧客行動や行動心理を探るために必要と考えられています。

面白い・オフライン広告・屋外広告を紹介するメディア

屋外広告・面白い広告事例などをご紹介してます。

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ
国内の広告

街を元気にさせる!シャッター広告の事例まとめ

軒を連ねる店舗は閉店後にはシャッターを閉めて裏の顔を見せる。 その様子はどこか無機質で寂しそうな印象を与えかねないのだが、面が広いだけあり使い方次第ではインパクトの大きな広告面として活用できるメリットもある。 そうし...
一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?
国内の広告

一時閉店する三省堂神保町本店の「しおり広告」に秘められた意味とは?

2022年5月8日、神田神保町で141年にわたって店を構えてきた三省堂書店神保町本店が一時閉店の日を迎えた。それに伴い壁面に掲げられたのは「いったん、しおりを挟みます。」とのメッセージが記されたしおり広告。はたしてど...
紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目
国内の広告

紙コップに広告を。ホッと暖かい広告サービス「Gratify(グラティファイ)」に注目

2021年10月より、Gratify(グラティファイ)という広告サービスがリリースされた。 紙コップに広告を載せるサービスなのだが、慈善団体への寄付や、社会問題解決へフォーカスを当てていることも特徴だ。 お得で優しい...